イギリス、BBCの受信料廃止へ?NHKも追随を!

ミニトランプ大統領ともいえるようなイギリスのジョンソン首相がマスメディアへのけん制を強めています。中でも公共放送であるBBCに対する攻撃はその存在価値を問うものです。そして、これは日本のNHKにも通じるものなのです。目次そもそもBBCとはジョンソン首相ってどんな人?BBCの受信料廃止検討の背景まとめ そもそもBBCとはBBCは、1927年に設立されたイギリスのラジオとテレビを一括運営する公共放送局です。NHK同様、テレビ所...

ホテル型Jリート。過去のパンデミック時における値動き

新型肺炎による影響で来日客、観光客が減少し、ホテル型Jリートが大幅下落しています。目先の収益は当然厳しくなるのは目に見えています。しかし、このパンデミック騒動もやがては収まります。単なる歴史の1ページになるわけです。一過性のウィルス騒動はむしろ安値買いのチャンスかもしれません。経験則に学べということで、過去のパンデミック騒動時のホテル型Jリートの値動きを調べてみました。目次ホテル型Jリート個別銘柄そも...

デス・バイ・アマゾンの影響がJリートにも。物流リート好調

新型肺炎の蔓延にもかかわらず、株価は比較的堅調。有事の円買いになると思いきや、日本が第二のウィルス拡散国のような扱いとなってしまい、円安が進んでいるのはちょっと誤算ではあります。そして、Jリートも比較的落ち着いた動きを維持しています(ホテル系Jリートを除いて)。その中でも堅調なのが物流施設型のJリートです。目次物流施設型リートに資金が集まる物流施設型Jリートは相対的に利回りも高いイーコマースの伸びしろ...

順調に見えたインド経済に暗雲。金融不安が経済成長の足枷に

確かに最近のインドでクルマが売れなくなっていることは知っていました。しかし、それは一時的かつ局所的な事象であって、インド経済全体に大きな変化が起きているとは思っていなかったのですが・・・。ここに来て、インド経済に暗雲が立ちこめてきています。目次インドでの自動車販売落ち込みクルマが売れない理由ノンバンクの資金繰り困窮の要因銀行の不良債権が増加中銀行のずさんな融資の遠因は・・・今後の動向予想(希望的観...

毎月分配型がダメなら定率分配型。商魂たくましい投信業界

すっかり悪者扱いされ、見向きもされなくなりつつある毎月分配型投資信託。資産もファンド数も増え続けた時代はすっかり昔の話で、隔世の感があります。しかし、転んでもタダでは起きない金融業界。新たに定率分配型なる投資信託が登場しています。目次毎月分配型投信の弊害定率分配型の投資信託が登場本来あるべき姿は・・・ 毎月分配型投信の弊害金融庁が毎月分配型の投資信託を悪玉扱いしたのはそれなりの道理があるものです。...

2019年10~12月期のGDP速報は年率6.3%減。過去の増税時は?

世界経済の雲行きが怪しくなってきていたにもかかわらず、多くの人々の反対を押し切って進めた消費増税の悪影響がやはり出てきました。しかし、客観的に見て過去3回の消費増税(導入時を含む)時の影響と比べてどうなのでしょうか。過去との比較感から今回の増税の影響度合いを検証してみたいと思います。目次1989年4月~6月期(消費税導入時)1997年4月~6月期(3%→5%)2014年4月~6月期(5%→8%)2019年10月~12月期(8%→10%) 1989年4月...

デフレで日本の起業は減少したのか

日本は起業が少ないといわれています。そして、経営者は高齢化し事業継承の問題から廃業する企業が多くなっております。「起業 < 廃業+倒産」 という構図から、日本国内の法人は減少しているのが実態です。ところで、日本はデフレだから起業が少なくなった、あるいはできなくなったという議論があります。これは本当なのでしょうか。目次デフレで起業減少は本当なのか?日本における起業の動向起業をとりまく個人的見解日本を弱...

2020年7月から新たな遺言書の保管制度が始まる

今年(2020年)7月から新しい遺言書の保管制度が始まります。高齢化が進む中、遺言はより一般的で身近なものに、そして安心なものに進化することになります。目次遺言の現状便利かつ安心な新しい遺言保管制度新遺言保管制度の特徴感想 遺言の現状さて、現状の遺言の制度はどうなっているかといえば、大きく2つに分けることができます。・公正証書遺言法曹界をリタイアした元裁判官や元検事などがそのキャリアを買われてなるのが公...

借金までして配当、自社株買い。そして債務超過とは・・・

それにしても日本人的な感覚では理解不能なのが昨今のアメリカ企業の行き過ぎた株主還元です。いくら金利が低いとはいえ、赤字なのに借金までして配当したり、自社株買いを行ったり・・・。得られた利益以上の金額を株主に還元し、そのうえ、債務超過に陥るというのですから。目次株主還元で債務超過に無謀な株主還元、その原資は?企業経営に対する価値観の違いアメリカの株高を支える要因、それは日本にも大いに影響あり 株主還...

自由貿易が良いか、保護貿易が良いか?イギリスとインドの関係から考える

世界が自由貿易と保護貿易の間を揺れ動いております。いったい正解はどこにあるのでしょうか。イギリスとインドとの関係を基に考えてみました。目次新自由主義の台頭自由貿易と保護貿易の是非イギリスの衰退まとめ 新自由主義の台頭1980年代に登場し、近年まで世界を席巻した「新自由主義」。いわば市場原理主義者の主張であり、端的に言ってしまえば、市場に任せておけば物事はすべてうまくいくという妄想の一種です。市場に任せ...