毎月分配型がダメなら定率分配型。商魂たくましい投信業界

すっかり悪者扱いされ、見向きもされなくなりつつある毎月分配型投資信託。資産もファンド数も増え続けた時代はすっかり昔の話で、隔世の感があります。しかし、転んでもタダでは起きない金融業界。新たに定率分配型なる投資信託が登場しています。目次毎月分配型投信の弊害定率分配型の投資信託が登場本来あるべき姿は・・・ 毎月分配型投信の弊害金融庁が毎月分配型の投資信託を悪玉扱いしたのはそれなりの道理があるものです。...

2019年10~12月期のGDP速報は年率6.3%減。過去の増税時は?

世界経済の雲行きが怪しくなってきていたにもかかわらず、多くの人々の反対を押し切って進めた消費増税の悪影響がやはり出てきました。しかし、客観的に見て過去3回の消費増税(導入時を含む)時の影響と比べてどうなのでしょうか。過去との比較感から今回の増税の影響度合いを検証してみたいと思います。目次1989年4月~6月期(消費税導入時)1997年4月~6月期(3%→5%)2014年4月~6月期(5%→8%)2019年10月~12月期(8%→10%) 1989年4月...

デフレで日本の起業は減少したのか

日本は起業が少ないといわれています。そして、経営者は高齢化し事業継承の問題から廃業する企業が多くなっております。「起業 < 廃業+倒産」 という構図から、日本国内の法人は減少しているのが実態です。ところで、日本はデフレだから起業が少なくなった、あるいはできなくなったという議論があります。これは本当なのでしょうか。目次デフレで起業減少は本当なのか?日本における起業の動向起業をとりまく個人的見解日本を弱...

2020年7月から新たな遺言書の保管制度が始まる

今年(2020年)7月から新しい遺言書の保管制度が始まります。高齢化が進む中、遺言はより一般的で身近なものに、そして安心なものに進化することになります。目次遺言の現状便利かつ安心な新しい遺言保管制度新遺言保管制度の特徴感想 遺言の現状さて、現状の遺言の制度はどうなっているかといえば、大きく2つに分けることができます。・公正証書遺言法曹界をリタイアした元裁判官や元検事などがそのキャリアを買われてなるのが公...

借金までして配当、自社株買い。そして債務超過とは・・・

それにしても日本人的な感覚では理解不能なのが昨今のアメリカ企業の行き過ぎた株主還元です。いくら金利が低いとはいえ、赤字なのに借金までして配当したり、自社株買いを行ったり・・・。得られた利益以上の金額を株主に還元し、そのうえ、債務超過に陥るというのですから。目次株主還元で債務超過に無謀な株主還元、その原資は?企業経営に対する価値観の違いアメリカの株高を支える要因、それは日本にも大いに影響あり 株主還...

自由貿易が良いか、保護貿易が良いか?イギリスとインドの関係から考える

世界が自由貿易と保護貿易の間を揺れ動いております。いったい正解はどこにあるのでしょうか。イギリスとインドとの関係を基に考えてみました。目次新自由主義の台頭自由貿易と保護貿易の是非イギリスの衰退まとめ 新自由主義の台頭1980年代に登場し、近年まで世界を席巻した「新自由主義」。いわば市場原理主義者の主張であり、端的に言ってしまえば、市場に任せておけば物事はすべてうまくいくという妄想の一種です。市場に任せ...

上場企業の業績が急ブレーキ。2020年3月予想

2020年2月10時点で、日本経済新聞が上場企業のうち、約1,720社の2020年3月期における業績予想を集計しました。目次2020年3月期の企業業績予想減益拡大の要因(消費増税)製造業へのさらなる追い打ち(新型コロナウィルス)株価をどう考えれば?そして有望銘柄は・・・ 2020年3月期の企業業績予想日経新聞の集計によれば、純利益は前期比で8.4%の減益です。前回の集計は2019年11月末に行われており、当時は6.8%減の予想でした。20...

証券会社の総合商社化、ベンチャーキャピタル化が進行中

デスバイAmazon、アマゾンによって死に至らされるといった意味です。街の本屋はすっかりと少なくなりました。本屋を見ると本当に希少価値を感じるのが昨今の姿です。まさにこれと同じことが証券業界におきつつあります。そうはならじと大手証券会社は既存のビジネスモデルから脱却しようとしています。目次縮小する売買委託手数料市場のパイ大手証券会社は他の収益元を探すミイラ取りがミイラに?ネット証券も・・・貧すれば鈍す。...

新たな金融商品販売チャネル、金融サービス仲介業

銀行、証券、保険等の金融業界の垣根がまたまた低くなりそうです。そして、新たなる参入が相次いできそうな気配が漂いつつあります。目次金融サービス仲介業の新設金融サービス仲介業で提供できるサービス現在の状況と今後 金融サービス仲介業の新設政府は2021年度にも、総合的に金融商品の販売を仲介できる「金融サービス仲介業」(仮称)を創設すべく、法整備を急いでいます。今でも、さまざまな金融商品を販売する仲介業者は存...

タバコ、もはや麻薬なみの扱い・・・。悲しきホタル族

気持ちはわからないでもありませんが、いくらなんでもやりすぎでは?と感じるのはベランダでの喫煙禁止というマンションの規則です。目次タバコの煙で裁判に!?マンションの規約でホタル族絶滅?喫煙に関するデータ勤務中のタバコ禁止が当たり前に タバコの煙で裁判に!?ベランダでタバコを吸っていた人が上の階の人から損害賠償を求められ、訴えられました。賠償請求の理由はタバコの煙によるストレス、そして健康被害です。な...