いよいよ民間企業までもがマイナンバーカードを活用開始!!

遅々として進まなかったマイナンバーカードの普及も、新型コロナの特例給付金あたりからその存在価値が見直され、普及がかなり進んでいます。マイナポイントの効果も大きかったと思います。2022年7月現在で、マイナンバーカードの普及率は45.9%にまで伸びてきました。まだまだ人口の半分にも満たず、十分に浸透しているとはいえませんが、その活用は徐々に進んでおり、いよいよ民間企業でもマイナンバーカードを使った業務の効率...

野良サーバー放置で日本企業が狙われる。セキュリティ軽視の穴

米中貿易戦争に始まり、ロシアのウクライナ侵攻で、世界は自由主義陣営と社会主義陣営に分断され、新たな冷戦時代に突入しました。現代の戦争は超限戦、ハイブリット戦争などといわれるように、従来の通常戦争の枠内にはとどまりません。サイバー空間においても熾烈な戦争が繰り広げられています。しかし、平和ボケの日本企業の多くはサイバー攻撃に対し脆弱となっており、いつ何時被害に遭うかわからないような状態が続いているの...

ハイブリッド戦争でセキュリティリスク高まる。日本はここでも平和ボケ

現代戦争はもはや通常兵器だけにとどまらないのはウクライナ戦争を見ても明らかです。ありとあらゆる分野で戦争が繰り広げられており、それはハイブリッド戦争などと呼ばれます。中国風にいえば超限戦ということになります。日本はハイブリッド戦争への防御が薄く、とりわけサイバーセキュリティの分野では世界各国から遅れを取っているといえます。目次日本が狙われている大手すら手が回らないスタンドアロンも安心できないメール...

ヒュンダイがミシュランとEV用タイヤを開発。EVのタイヤに求められるもの

韓国の自動車メーカー、ヒュンダイがフランスのタイヤメーカー、ミシュランと組んでEV用のタイヤを共同開発するといいます。EVってすでに走っているし、タイヤはガソリン車と同じでよいとも思うのですが何かEVはガソリン車と違う特性でもあるのでしょうか?ありました。それは道路にも影響を与える大きな違いといえるものです。目次ヒュンダイとミシュランEVの特徴はその車重にあり道路、橋には過酷なEV最後に ヒュンダイとミシュ...

IE、セキュリティリスクとともに去る。日本企業の対応遅れがひどい

一昔前、ブラウザといえばインターネット・エクスプローラー(IE)が当たり前でした。1995年にWindows95とともに登場。Windowsの隆盛とともにシェアを拡大し、1990年代には圧倒的地位を築いたのですが・・・。今やその陰は薄くなり・・・、いよいよ消滅へのカウントダウンが始まったのです。そして残されたのはセキュリティリスクのみというのですから、マイクロソフトのやり口はいささか無責任といわざるを得ません。目次ブラウザ...