逆張り投資家をも駆逐する新型コロナウィルスの恐怖

2020年2月末までは新型コロナウィルスによる下げ相場を好機ととらえる個人投資家も多く、投資信託市場へ流れ込む資金は純増していました。ところが、ウィルスの影響が世界の国々に飛び火し、その被害が拡大した3月はいよいよ、その投信市場への資金流入も徐々に途絶えつつあります。目次好調だったバランス型投信にも陰りが・・・とりわけ被害が大きいのはレバレッジ型市況が悪いときに投資をやめるのは最悪の選択 好調だったバラ...

個人投資家は逆張りがお好き。でも気を付けて!

海外の投資家のことはよくわかりませんが、日本の多くの個人投資家は逆張りを好みます。それは投資信託への資金流入を見れば明らかなのです。目次コロナショック後の個人投資家の動向逆張りには大きなリスクも損切りルールの重要性 コロナショック後の個人投資家の動向新型コロナによる影響がにわかに加速した2月、株価下落にもかかわらず投資信託への資金流入が増加しました。とりわけ人気を博したのは先進国株式型の投資信託です...

金融庁への忖度と金利低下で外貨建保険も販売減

苦情が相次いでいることから問題となっている外貨建ての保険。主に銀行などが販売していますが、ここに来てその販売額が減少しつつあります。目次金融庁幹部のありがたいお言葉足元の販売減少の状況とその要因金融業界の動向私見 金融庁幹部のありがたいお言葉日経新聞の報道によれば、2月下旬、金融庁幹部は生命保険会社の経営陣との意見交換の中で、「代理店に対する適切な管理が行えないのであれば、外貨建て保険の販売を行うべ...

東証が取引資格の取得要件緩和へ。その目的は・・・

東京証券取引所は2020年4月にも東証の取引資格取得のための条件を緩和する方針です。3月中に緩和要件を発表し、早ければ4月から実施していく予定です。目次現状の取得要件は?資格を持っていない証券会社はどうしているか具体的な緩和要件資格取得要件緩和の目的東証のさらなる秘策 現状の取得要件は?証券会社が東証の取引資格を取得するにはいくつかの高いハードルがあります。入会金が1億円必要であり、また3期連続黒字を維持し...

ネット証券はパチンコ屋稼業から脱却できるのか

インターネット常時接続と株式売買委託手数料の自由化の時期が重なり、ネット証券はパチプロもどきのデイトレーダーなる職業?を生み出しました。しかし、このひどい相場でまたまたデイトレーダーの戦死が進みそうです。目次パチプロもどきのデイトレーダーネット証券はいわばパチンコ屋パチンコ屋いやネット証券の新たなる試み パチプロもどきのデイトレーダー杉田水脈議員風に言えば、生産性のない人々ということになるのでしょ...