小口投資家なら松井証券で12月23日から現物株手数料も無料!

いやはや驚きました。松井証券(8628)が2019年12月23日から、1日50万円までの株式売買委託手数料を無料にするというのですから。現物株も含めてです。目次松井証券の施策大手ネット証券が示してきた方向感現物株取引手数料無料化へのためらい会社経営として成り立つのか?残された選択肢と株価からの想像 松井証券の施策今までも1日10万円までは無料でしたが、10万円で1単元株(※)を買える銘柄は上場株式の約4割程度と中途半端。...

コンビニATM。ついに峠を下り始める

目次コンビニATMの利用状況コンビニATM利用減少の要因キャッシュレスが追い討ちをかける打開策もインパクト不足 コンビニATMの利用状況キャッシュレス社会の進展でその兆候はある程度予見されておりましたが、セブン銀行(8410)に代表されるコンビニATMの使用がついに減少し始めました。2019年上半期、セブン銀行のATM利用件数は前年同期比で0.4%減少しました。通期でも減少の見通しであり、これは2001年の創業以来初めての事態...

存在感のない公募型投資信託の統合が進みそうな気配

日本には約6,000本もの公募型の投資信託(※)が乱立しています。時流に乗ったテーマ型の投資信託が雨後の竹の子のように生まれ、そしてやがて廃れたまま放置プレーのような状態になるのです。要するに売りやすい商品を次から次へと出してきた結果なのです。(※)銀行や証券会社など金融機関を通じて一般の投資家が購入できる投資信託目次日本の投資信託市場の実情投資信託の統合に向けた動き公募投資信託の統合がついに実現ドミノ...

株式・投信の手数料無料化が一気に加速し、証券業界再編再び

ネット社会のスピードは本当に早いものです。先日、アメリカでの手数料無料化が報じられたかと思えば、日本でもSBI証券などがこれに追随。そして、ここに来てさらにその流れが加速してきました。目次カブドットコム証券の動向松井証券の動向マネックス証券の動向楽天証券の動向今後の動向予想対面型の証券会社はどうする?まとめカブドットコム証券の動向カブコム証券は段階的に手数料を無料化していく方針です。1.2019年12月中に...

外貨建保険の新試験導入は無意味に終わること間違いなし

外貨建保険の販売をめぐっての苦情が増加しているといいます。外貨ですから、当然為替リスクがつきまといます。そして、当然のことながら元本割れのリスクがありますし、短期で解約した場合などは多額の解約控除を取られるような商品もあります。目次苦情の原因苦情を減らすための新たな資格創設案銀行業界の主張苦情発生の直接要因(その1)苦情発生の直接要因(その2)苦情発生の間接要因個人的代替案 苦情の原因苦情の原因はや...