アフガニスタンの現在は日本の未来を暗示する

アフガニスタンからアメリカ軍が撤退すること、またそれを待っていたかのようにタリバンがアフガニスタンの首都カブールを制圧したことはご存じのとおりです。これは日本の未来を暗示させる出来事であり、他人事ではない懸念を大いにはらんでおります。目次アフガン政府軍、あっさり敗北敗北の理由は明白アメリカの言い分は当たり前日本とアフガニスタンの類似性終わりに アフガン政府軍、あっさり敗北アフガニスタン政府軍は30万...

ドイツも実質的に核兵器を保有する核武装国。日本も追随を!

アメリカが広島、長崎に原子爆弾を落としてから76年の歳月が経過しました。そして現在、日本は中国、ロシア、北朝鮮という不気味な核兵器保有国に囲まれています。もっとも危険なのは中国であることはいうまでもありません。先制核攻撃をも示唆するという凶暴ぶりを発揮しており、このままでは日本に3発めの核爆弾が撃ち込まれる可能性すらあります。しかし、日本が核武装するというのは非現実的といえるのが実態です。本来ならそ...

麻生発言に対する中国の野蛮な反応。先制核使用を示唆

東京オリンピックが開幕!ところで、2022年2月に開催される北京オリンピック(冬季)が終わるまで、中国は表立って国際社会を刺激し敵に回すことはないと考えられます。しかし、北京五輪後の台湾侵攻がにわかに現実味を増しています。それを牽制した麻生発言の後の中国の反応は恐ろしいものでした。目次麻生氏、まともなことを言う金だけ出して許される問題ではない麻生発言に対する過激な反応台湾有事への対応は困難を極める最後...

既に人間はAIロボットの自主的判断により殺害され始めている

人間が、人間がつくったロボットに殺されるなんてことは遠い未来のことかと思っていたら、さにあらず。既に現実に起こっている可能性が高いとの指摘がなされています。やがて、人間とAIロボットの殺し合いが起こるという可能性は十分に考えられます。映画『ブレード・ランナー』の世界が数十年の時を経て現実になりつつあります。目次リビアの内戦での使用疑惑疑惑の内容リビア混迷のきっかけはアメリカ大国の論理がまかり通る リ...

軍事費まで日韓逆転・・・。まさに平和ボケの帰結

菅首相にやたらと気に入られているデビット・アトキンソン氏は言っていました。日本が経済大国であるのはただ単に人口が多いからだけだと。それは当たっています。そして今や軍事予算すらお隣の韓国に抜かれそうになっているのですから目も当てられません。目次日本経済はもはや実質世界4位悲惨な一人あたりの購買力平価GDP平和ボケで危機感すら無し危機感に向き合う韓国最後に(失望・・・) 日本経済はもはや実質世界4位日本は今...