2022年度、上場企業の業績は最高益の予想。とはいうものの・・・

国内主要証券(野村、大和、SMBC日興)の3社が2022年度の主要上場企業の業績予想を発表しています。それによれば2022年度は2021年度に引き続き、経常利益ベースで過去最高益を更新する見込みです。とはいうものの株価は冴えない。いったいどうなっているのでしょうか。目次2022年度の業績予想自動車産業は回復が期待できそう日本の自動車保有状況2021年度の反動が予想される業種株価が冴えない理由最後に 2022年度の業績予想各社の...

株は下落トレンド入り。新型コロナバブルはいよいよ終焉へ

2020年秋から始まった超金融緩和マネーを原資とした新型コロナバブルはいよいよ終焉を迎えたと考えられます(個人の感想です・・・)。オミクロンの感染者は過去最高と騒いではおりますが、感染者の数は増えても死者、重症者の数はそれほど増えておらず、着実に弱毒化が進んで、新型コロナもいよいよ普通の風邪になりつつあるのではないでしょうか。さて、今回の株式下落の目処はどの程度を覚悟しておいたらよいのでしょうか。目次...

2022年も高配当利回り銘柄優位が続く。その背景は・・・

2021年が高配当利回り銘柄優位の市場であったことはご存じのとおりです。なにしろ株価にバブル懸念がある中、下落に強いのは配当利回りが高い銘柄であるからです。2022年になってもコロナ騒動は収まらず、昨年と状況は変わっていない。それは高配当銘柄の人気が継続していることからも明らかです。目次2022年初頭も高配当銘柄物色続く株価下落への備えとみることもできる配当取りで2月は株が高くなる!?異様な配当利回り最後に 20...

東証マザーズ急落中。テンバガー発掘のチャンス到来!

2021年、日本の株式市場はアメリカ株に比べたら大きく見劣りするものの、それなりに底堅い展開を見せたといえそうです。なんと個人投資家が10年ぶりに株を買い越したというのですから。しかし、新興市場を見れば堅調とは程遠く、むしろコロナバブルの化けの皮が剥がれてきた年ともいえます。この傾向は2022年に入りさらに加速しております。目次投資家の若返り進むプチバブル、大バブルの発生周期マザーズ低調続くマザーズ割安の調...

購買力平価から考える円安の限界と反動円高の目安

2021年末から円安が一気に進み、一時1ドル116円台まで突入。5年ぶりの円安水準となりました。今後の為替市場はどうなっていくのか?中長期的観点から考えてみたいと思います。目次最近の円安要因黒田日銀も力が尽きそうリーマンショックとマネタリーベース購買力平価に基づく考察最後に 最近の円安要因そもそもここ最近の円安要因は何なのでしょうか。要因としてはやはりFRBによるテーパリングの影響が大きい。市場筋ではアメリカ...