面白くない相場続く。投資家の興味も離散中で調整間近?!

株がすっかり動かなくなってしまいました。3万円近辺を行ったり来たり。株に対する投資家の興味も薄れてきたようで、失速の時期が迫りつつあるかのようです。目次アメリカの消費動向が変化日本にも同様の変化の兆し業績回復のピークアウトはすぐに来るJリートの回復もボチボチ頭打ち最後に アメリカの消費動向が変化株に対する興味が失われつつあるのはアメリカも同じです。ワクチン接種で外出に対する免罪符の発行が進む中、人々...

日本株を見限り海外株式を買う若年投資家

コロナ騒動がかえって株高を招くという皮肉な結果となった2020年後半から2021年。株高は世界的な流れであり、日本も今回ばかりは蚊帳の外とはなりませんでしたが、日本の若い投資家は日本株を見限り、海外へ目を向けているようです。自国の若者に見限られる国って・・・。政府の愚策にいよいよあきれ果てたといったところでしょうか。目次個人投資家は日本株離れ若者の日本株パッシングは当たり前ではなぜ日本株も上がる?大手ネッ...

配当をもらいたくない外国人投資家の存在

3月も終わりになれば少々株価が高くても、配当金をもらうために3月下旬まで株を保有したいという人が多いのではないでしょうか。しかし、配当金をもらいたくないためにあえて手放す投資家がいるというのですから何やら興味深いのです。目次配当取りをあえて避ける投資家証券税制にそのヒントがありしかし、4月には買戻しが入る外国人投資家の存在感は圧倒的(参考)外国人持株比率が高い銘柄 配当取りをあえて避ける投資家3月決算...

ウォーレン・バフェット氏、再び日本株買いの兆候

長期投資を好む投資の神様、ウォーレン・バフェット氏が率いる投資会社、パークシャー・ハザウェイが再び日本株を買うのではという観測が流れています。長期にわたり大きな成果を安定的に挙げてきた超一流投資家が日本株に目を向けているというのは注目すべき事象といえます。目次パークシャー・ハザウェイとは世界的企業に成長したパークシャーパークシャ―が日本で資金調達をパークシャーが日本株に投資する理由所感 パークシャー...

新興宗教にお布施を貢ぐかのようなカモネギ投資家が跋扈する

極度にグローバリズムが進展した現代社会にあって、多くの庶民はグローバリストに搾取されるだけの低賃金労働者となっています。そんな庶民にとって、経済的に唯一の救いともいえるのは株式投資だけだといっても過言ではありません。なぜならグローバリズムは株主資本主義と一体化しており、グローバリストにとっての興味は株価の上昇のみ。庶民も少額ではあってもそれに乗らなければ搾取されるだけに終わっていまうのですから。目...