業績がひたすら悪化して衰退していく企業の特徴(その3)

業績が傾いている企業、赤字を垂れ流している企業にはそれなりの原因があります。逆もまた真なりです。引き続き、業績が冴えない企業にはどんな特徴があるのかまとめていきたいと思います。目次どんぶり勘定がまかり通るどんぶり勘定企業の評価基準は結局これどんぶり勘定の影響は商品開発にも悪影響が組織に理念、戦略がないと社員は腐る どんぶり勘定がまかり通る一企業でも扱っている商品が一つだけということはまずないはずで...

業績がひたすら悪化して衰退していく企業の特徴(その2)

企業の盛衰は偶然の賜物ではありません。同じ業界内でも経営の巧拙により、業績は歴然と差がつくというのが現実です。そして、衰退していく企業にはある種の病的症状が見られます。それらの症状が見られる企業は徐々に衰退していきますが危機感は薄く、誰もが誰かのせいにするといった無責任さが垣間見えるのでした。目次部分最適にしか興味がない部下への責任押し付け複雑怪奇な組織構造で調整不能顧客目線は消え、競合他社への興...

業績がひたすら悪化して衰退していく企業の特徴(その1)

社長と役員との距離は役員と平社員との距離よりも長いといわれます。それほどまでに会社にとって社長のリーダーシップは重要であるし、社長の器量一つで会社の業績が決まるといっても過言ではないでしょう。しかし、社長一人でできることに限界があるのも事実。当然、部下に仕事を任せていかなくては仕事は回りません。そこで権限委譲ってことになるわけですが、人任せにして放ったらかしにし知らぬ間に業績が沈んでいくというのは...