インベスコ・オフィス・Jリート投資法人の資産運用報告からみるオフィス市場

インベスコ・オフィス・Jリート投資法人(3298)から資産運用報告が届いておりました。インベスコ・オフィス・Jリートは外資系の資産運用会社インベスコ・グループをスポンサーとするJリートです。その特徴はなんといっても投資物件が大規模なオフィスであるというところです。目次インベスコ・グループとはインベスコ・オフィス・Jリート投資法人の特徴新型コロナウイルスの影響意外な賃料の推移投資主価格の動向最後に インベス...

スターツプロシード投資法人に見る住居型リートの安定性

スターツプロシード投資法人(8979)から資産運用報告が届きました。スターツプロシード投資法人は住居型のJリートであり、この不況下でも健闘しているであろうことは容易に推察できましたが、念のためざっと目を通してみたのです。目次スターツプロシード投資法人とは住居型リートの強さ今後の投資方針人口減少は懸念材料ではないか最後に スターツプロシード投資法人とはスターツプロシード投資法人は、スターツコーポレーション...

コロナ禍の影響でJリートの投資物件にも大きな変化が

私たちの生活スタイルを一変させてしまった目に見えない敵、新型コロナウイルス。このやっかいなウイルスは不動産市況にも大きな影響を与え、結果的にJリート市場にも大きな変化をもたらすこととなりました。わずか1年でここまで世界は変わるのか、と驚きを禁じ得ないのであります。目次高齢者施設に資金が流入高齢者施設が人気の理由一つのJリートが多額の高齢者施設を購入Jリート唯一のヘルスケア系投資法人最後に 高齢者施設に...

投資法人みらいの資産運用報告を見てがっくり

投資法人みらいと言って思い出すのは、スターアジアによるさくら総合リートの敵対的買収です。スターアジアから敵対的買収を仕掛けられた、さくら総合リートは焦って、投資法人みらいと合併合意しましたが、結局はスターアジアの前に敗北したのでした。そしてその後、投資法人みらいの投資口価格は冴えない展開。なぜ冴えないかが資産運用報告を見てわかりました。目次投資法人みらいの値動き運用資産に偏りが見えるこの時期にホテ...

トーセイ・リート投資法人の資産運用報告からリート市場を読む

トーセイ・リート投資法人(3451)から資産運用報告が届いたのです。普段であればめんどくさいのでゴミ箱直行といったところですが、こんなご時世ですので、パラパラと中身を確認してみたのでした。目次トーセイ・リート投資法人とは投資方針が一部変更に不動産市場の動向ハゲタカファンドが世界に跋扈最後に トーセイ・リート投資法人とはトーセイ・リート投資法人は、不動産流動化事業や不動産開発事業、不動産賃貸事業などを手...