さくら総合リートとスターアジアの合併にしつこい横やりが・・・

当初の計画ならばとっくに合併しているはずだった、さくら総合リート投資法人(3473)とスターアジア不動産投資法人(3468)。いやがらせとも思えるとんだ横やりで未だ合併に至っていないのです。目次即時抗告という新たな障害物即時抗告の対象となった却下された仮処分申請未だ結果が出ていない他の仮処分申請もあり・・・今後の展開予想と個人的願望 即時抗告という新たな障害物そして、またまたいやがらせを受けているのです。2...

首都直下型地震が起こったらJリートの価格はどうなるのか

関東大震災が起こったのが1923年。もうすぐ100年になります。多くの建物が倒壊し、また火災による多大な犠牲者を出しました。死者は10万人以上におよび、その多くは火災によって亡くなっています。そして、首都直下型地震が今後30年以内に起こる可能性は70%と言われています。Jリートの物件の約半分は首都圏に集中しており、地震が起こったときにどうなるのか大いに気がかりなところです。というのも、小生が買いを検討しているト...

石橋を叩きつつ、2020年のJリート投資の検討開始

世界的な金利低下傾向も一服感が出てまいりました。このまますぐに金利反転とはいかないとは思いますが、これ以上のマイナス金利深堀りは突発事象がない限り、今のところは無さそうな気配です。目次2020年の市場動向は・・・2020年のJリート投資を考えるJリート高値圏推移の要因2020年のJリート注目銘柄 2020年の市場動向は・・・さて、そうなると当然、Jリート市場には逆風が吹きやすくなってきます。現に昨年後半はJリートが軟調...

Jリートの人気停滞の理由は株高。しかしその株高も危うさ増す

Jリートが株高に押され、下押ししています。東証リート指数は11月、7か月ぶりに月間ベースで下落しました。12月も軟調気味に推移しています。これは日本だけの現象ではありません。世界的にリート市場から資金が流出しています。とりわけひどいのは香港です。これは大規模なデモが依然として収まらないという特殊要因が大きいのですが。そして、アメリカも日本並みの下落となっています。目次Jリート軟調の理由(金利上昇)Jリート...

スターアジアによるさくら総合リートの買収いまだ完了せず

当初の予定ならば、年内にもさくら総合リート投資法人(3473)とスターアジア不動産投資法人(3468)との合併が特別決議で承認される予定だったのですが・・・。なんか遅々として進まず・・・。いったいどうなっているのでしょうか?目次投資主による仮処分申立て申立て内容その1申立て内容その2申立て内容その3そして、司法の判断は・・・? 投資主による仮処分申立て2019年10月7日に、さくら総合リートに対して、投資主による仮...