中国トラップ経済そしてそっくりSNSによる不平不満のガス抜き

力を持つと傲慢になるのは人も国も同じだということなのでしょう。「実るほど頭が下がる稲穂かな」などという言葉もありますが、単なる戒めであり、実際には力を持つほど頭が上がっていくのがほとんどのケースだと思います。中国共産党が行ってきた、あるいは行っていることはまさに典型的であり、西側諸国は完全に騙され搾取されてきたといえます。目次中国へ投資すれば足を洗うのは困難表現の自由がない国のデモ去勢されたSNSで...

世界から嘲笑される日本の恥。国債の60年償還ルール

お隣韓国では核武装論が高まりを見せています。国民の7割が核武装を支持しており、唯一の被爆国である日本とは大きな違いです。中国、ロシア、北朝鮮という核爆弾を持つ、ならず者国家に囲まれた国としては真っ当な論理だといえます。ところが日本は・・・。ようやく防衛費の増額の道筋が見えてきましたが、目立つのは財源の話ばかりで本質とはかけ離れています。岸田政権が展開する増税論は国を弱くするだけでしょう。この後に及...

中国からのステルス脱出が加速。そしてインド、ベトナムへ

中国共産党はまるでジャイアンのようであり世界中の嫌われ者であるうえ、最近では中国国民からも白紙革命などと呼ばれる反発を受ける始末。そして、中国に投資して儲けた資金は国外に持ち出すことができず、中国国内での再投資だけが許されるという横暴。世界の貿易ルールや知的財産権などお構いなしで金儲けに邁進し、不当な手段で成長してきたというのが実態です。しかし、多くの国々がようやく気が付いたときには時すでに遅く、...

デジタル投資に見える「貧すれば鈍す」。東アジアの発展途上国へ

貧すれば鈍するといいます。今の日本はまさにそんな感じ(悲)・・・。これはデジタルトランスフォーメーション(DX)への投資にも表れています。日経新聞の調査によれば日中韓3国でデジタル関連投資に対する経営者の考え方がかなり違うことがわかりました。それは将来の経済成長を左右する大きな問題です。さていったいどんな違いなのでしょうか。目次日中韓の名目GDP推移日中韓の1人当たり名目GDP推移日本=貧すれば鈍する自動車...

2023年のキーワードは「円高」「株安」「債券安」。円高はどこまで進む?

2023年の相場を占ううえで、ある程度コンセンサスが取れていると思われるキーワードは「円高」「株安」「債券安(金利高)」そして「景気後退」といったところでしょうか。金融市場の予想は難しい。得てして教科書どおりの展開とならないのが世の常であり、事実は小説よりも奇なりといったところなのです。しかし、2023年の金融市場はオーソドックスな動きになりそうな気がするのです。下手に人の裏をかこうなどと思うとかえって足...