韓国経済、財閥企業への過剰依存がアキレス腱

韓国には巨大な財閥がいくつもあり、韓国経済を支えているのはそれらの財閥であるといっても過言ではありません。特定の財閥が経済を支えているため、財閥に属していない中小企業や自営業者は経済成長の恩恵を被ることができないという構造的な問題を抱えています。国際競争力を持つ財閥企業とその他大勢・・・。歪な経済構造が韓国人を苦しめています。目次韓国の大きすぎる財閥依存財閥入社のための受験戦争韓国中小企業の苦境財...

「規制緩和」という言葉に騙され続けた日本人。そして外国の草刈り場へ

今ではすっかり悪者扱いされている「規制緩和」という言葉。しかし、いつの間にやら「規制改革」と名を変えました。しかし、やっていることはほぼ同じというのが実際のところです。それにしてもなぜ規制緩和は悪者扱いされたのか?理由は極めて単純です。世の中に規制は必要であり、時には厳しくすべきものもあれば緩和すべきものもある。緩和すればいいというものではないことに多くの人が気付いたからです。要は是々非々の問題で...

最低賃金を上げさえすれば国民は幸福になるのか

日本の実質賃金が下がり続けているのはご存じのとおりです。そんな中にあっても日本人の中流意識が未だ高いのは皆が平等に貧しくなっているからであり、単なる錯覚でしかありません。日本国内だけでなく、海外をも含めて比較すれば日本人は着実に下流層に落ち込んでいっています。さて、日本人が再度豊かになるために最低賃金を上げればよいという意見があります。一方で、賃金負担が増せば失業率が上がるだけという意見もあります...

【悲報】日銀、2023年までのインフレ目標達成をあきらめる・・・

悪夢の民主党政権終了後、第二次安倍政権の誕生とともに為替は大きく円安に振れ、株価が力強く上昇したのはご記憶のとおりです。これはアベノミクスの成果であるなどと巷間では言われているわけですが、その実態はミックスされた政策などではなく、日銀の非伝統的手法による異次元金融緩和(黒田バズーカ)の一本足打法による成果であるというのが個人的認識です。ところで、黒田日銀総裁の任期もあと1年半を残すばかりとなりまし...

同じ共産主義。でもソ連は崩壊したのになぜ中国は崩壊しない?

ソ連が崩壊したのは今から30年前の1991年です。1989年にはソ連崩壊に先駆け、ベルリンの壁が崩壊し、東ドイツが消滅しました。いずれも事実上一党独裁の共産主義国家であったことに共通項があります。しかし、同じ共産主義国家でありながら、なぜか中国は崩壊せず今なお生き延びています。いったいなぜソ連が崩壊し、中国は生き延びることができたのでしょうか。目次ソ連崩壊の裏側中国を崩壊させなかった理由国際金融資本家は中国...