日本のマスコミを操るにはこいつらをトラップすれば大丈夫!

日本の政治家や官僚などの多くが中国のハニートラップやマネートラップにかかっていることは広く知られているところです。政治家や官僚に対するトラップは彼らを直接に支配するトラップであるとすれば、マスコミ人に対するトラップは情報操作を強制し、大衆をだまくらかす間接的支配といえるでしょう。そして、誰をトラップにかければマスコミを自在に操ることができるのか。それはマスメディアの構造を知るとよく理解できるのです...

NHKが唯一生き残る道。受信料が下げられる上に存在価値もアップ

新聞、テレビの凋落が著しい。もはや若年層は新聞など取らないし、テレビも見ない人のほうが多いのが実態です。NHKが大金をかけて大河ドラマや紅白歌合戦などをやっても見てるのはほとんど老人であり、あと20年もすれば誰も見ないドラマを虚しく撮影するといったことになるのでしょう。そんなことを世間様が許すはずがない。なにしろ、テレビがあれば有無を言わさず受信料をむさぼり取り、NHKの職員の給料は平均で1000万円を超える...

日本人を騙したければマスメディアを利用せよ!

個々人のIQが高くても、その行動は概ねマスメディアや他人の行動、言動に支配されているのが一般的です。とりわけマスメディアの影響は計り知れないほど大きい。多くの人は意識の有無にかかわらずマスメディアに脳を支配され、意のままに動かされているといってよいのではないでしょうか。その程度はマスメディアへの信頼度に比例するのは当然のことだといえます。目次日本人の知能指数は?世界各国における信頼度日本におけるメス...

昔チューリップ、今ギター。ギターバブル全盛期

2017年、エリック・クラプトンはギターの時代は終わったかもしれないという寂しい発言をしたのでした。しかし、どっこい話は違っていた。きっかけは新型コロナウイルスだといってよい。ギターの人気がにわかに盛り上がり、一部中古ギターにはとんでもない値が付く状態になっています。ギターを取り巻く環境はチューリップバブルを彷彿とさせます。ビットコインの値が下がる中でもギターの値段は上がっているのです。強気一点張りの...

海外からも忖度される日本のサブスク。金払えないんだろ?

携帯電話料金の爆下げよろしく、動画配信や音楽配信のサブスクにおいても日本における価格は国際的に見てお安い水準となっています。日本は物価が高いというのが一昔前の常識でしたが、今や遠い昔の話。日本の物価は発展途上国なみに安くなっており、世界的IT企業も日本向け価格は発展途上国価格に据え置いてくれています。日本人は高い金は払えないだろうという忖度が働いており、まったく情けない限りなのです。目次日本価格は途...