パンデミック条約でワクチンの大量生産、大量消費を狙う製薬業界

2024年4月13日(土)、東京池袋で1万人を超える人が集まったデモをご存じでしょうか。それだけの人が集まった大規模デモだというのに、私が見る限り大手メディアで報道されたのは、時事通信のみです。なぜかと頭を巡らせば、それがウイルスやワクチンに関するパンデミック条約に反対するデモだったからに違いないと考えるのです。いったいどんなデモだったのでしょうか。そしてパンデミック条約が締結されるといったいどんなことが...

オフィスビルの回復に勝ち組と負け組が。その差は容易には縮まない

同じ東京都心のオフィスビルでも、入居率に勝ち組と負け組が鮮明に分かれています。その要素となっているのが鉄道の駅です。駅から近いかどうかももちろん重要なのですが、それ以外に利用できる路線の数が勝ち負けの大きな要因となっているというのです。目次オフィス需要の回復はまだら模様利用可能路線数で差が労働市場は売り手市場通勤時間と幸福度の関係 オフィス需要の回復はまだら模様新型コロナ騒動が勃発した2020年春以降...

中途採用をしたくて仕方がない企業。しかしそのハードルは高く・・・

人手不足の荒波が日本型の雇用慣行をも変えようとしています。日本では長らく新卒一括採用が当たり前のように行われてきたわけですが、これは国際的に見れば珍しい。そして、今や人手不足で新人を一から育てている時間的余裕が無くなってきており、企業は即戦力となる中途採用を人員補充の主役に位置づけようとしています。少子化で人材獲得難が続く中、企業はどんな戦略で優秀な人材を確保しようとしているのでしょうか。目次もは...

テレビはキラーコンテンツを失い、凋落が加速する見通し

日本が世界に誇るボクシング世界チャンピオン、井上尚哉。2024年5月6日に山中慎介を2度KOした悪童、ルイス・ネリの挑戦を受けることになっています。世界が注目するこの試合、なんとテレビの地上波では放送されません。前回、前々回もテレビでは中継されず、Lemino(旧dTV)でネット配信されました。そして、今回はAmazonPrimeVideoで独占配信されます。一昔前であれば、ボクシングの世界戦は地上波で中継されるのが当たり前であり、...

クレジットカードの安全性に疑念が。不正利用が過去最悪に・・・

現金信奉主義者が多い日本でも遅ればせながらキャッシュレス決済が隆盛を極めてまいりました。その中でも主役はクレジットカード。キャッシュレス決済の実に8割以上を占めます。日本のクレジットカードの不正利用は、ICカードの普及とそれによる偽造カードの減少により少なくなっていました。しかし、ネットショッピングが普及するにつけ、またまた不正利用が増加しており、まったく油断がならないのです。目次圧倒的シェアのクレ...