ステファニー・ケルトン教授(MMT第2弾)政府支出の重要性

ステファニー・ケルトン教授との対談の第2談がアップロードされています。内容はもちろんMMT(現代貨幣理論)についてです。私なりに今回のポイントをまとめてみました。| クラウディング・アウトは完全に間違っているそもそもクラウディング・アウトとは・・・政府が財政政策による資金需要をまかなうために大量の国債を発行すると、それによって市中の金利が上昇するため、民間の投資が減少してしまうことを指す。もし、完全な...

テレビのリモコンにまで岩盤規制(既存メディアのいやがらせ)

YouTubeなど、インターネットの動画配信サービスの台頭と、インターネットにつながるテレビの組み合わせで、もはや既存のテレビ局とインターネット動画との垣根は無くなったと考えていいでしょう。アップルTVやクロームキャストをテレビにつなげば、テレビ局の数は無限に近いほど広がります。そこにはくだらない放送法の規制などもない自由な言論空間が広がっています。しかし、それが既存大手テレビ局には面白いわけがありません...

不公平極まりない払った者負けのNHK受信料

デフレ脱却が出来ない中、年間で1万数千円ものNHKの受信料はバカにならない金額です。そして驚くことに日本の約2割、およそ1,000万世帯はNHKの受信料を払っていないといいます。| NHK受信料の実態地上波テレビは衰退してきているとはいえ、ほとんどの世帯にテレビはあります。2019年時点で2人以上世帯で約96%、単身世帯で約90%の普及率となっています。しかし、払っていない世帯が1,000万世帯とは・・・。まじめに払っているの...

MMTの真打!ステファニー・ケルトン教授登場

MMT(現代貨幣理論)の代表的論者であるニューヨーク州立大学のステファニー・ケルトン教授が来日しました。| 唯一のテレビ出演数百人を集めたシンポジウムが開催されましたが、テレビ中継などはなく、残念ながら参加者のみしかその内容は聞くことができませんでした。しかし、今回の来日で唯一、インターネットTV放送である「三橋TV」に出演したため、経済評論家の三橋貴明さんとの対談を見ることができました。インタビューの内...

Jリート市場に割高感が漂ってきた

東証リート指数が11年半ぶりの高値をつけています。11年前といえば、リーマンショックの前。ようやくそこまで戻ったかと考えるのか、再び危ない水準にまで駆け上がってきたと考えるのか・・・。| Jリート市場の現況Jリート市場では現状、大型から小型まで幅広く物色されており、年初来高値をつける銘柄が相次いでいます。買いの主体も個人投資家から、外国人投資家、金融機関と幅広く、売りが出ないといった様相です。平均の分配...

かんぽ生命おまえもか、モラル欠如の保険不適切販売

先日、ゆうちょ銀行による高齢者への投資信託の不適切販売が明らかになったばかりだというのに、今度はかんぽ生命がやらかしてくれました。ゆうちょ銀行もかんぽ生命も日本郵政の子会社です。いったい日本郵政のガバナンスはどうなっているんだろうと首を傾げたくなります。目次不適切な乗換募集により顧客を無保険状態へ保険料の二重取りで手当てをゲットかんぽ生命商品の販売体制不祥事の原因と経営責任処分の可能性と日本郵政株...

さくら総合リート投資法人から手紙が届いた

Jリート仲間から敵対的買収を仕掛けられているさくら総合リート投資法人から手紙が届きました。内容は特に目新しいものでもなく、日付も6月吉日となっています。ひとことで言ってしまえば、「スターアジアの勧誘には乗らないでね」という内容。いかにスターアジアよりもさくら総合のほうが優れているか、スターアジアの買収に正当性がないかをアピールする内容に終始しています。手紙の中では、新しい戦略的パートナーとの連携を含...

プラスチックは自然分解するのかしないのか?海洋プラごみ問題

先日、地上波テレビ(局不明)で、アナウンサーが「プラスチックごみは自然分解しません。」と言い切っていました。しかし、科学者で中部大学特任教授の武田邦彦さんは、プラスチックは石油でもともと生物の死骸から出来ているのだから放っておけば自然に分解するといいます。真っ向から言うことが違います。いったいどっちが正しいのでしょうか。気になってしかたがないので調べてみることにしたのです。| プラスチックにも種類...

「禁欲ボックス」によるスマホ依存、スマホ中毒からの解放

スマートフォンはホントに便利です。しかし、その便利さゆえに麻薬のようにスマートフォン中毒に陥る人が後を絶ちません。「スマホ依存」なる新たな病気まで出現する始末です。| スマホ依存の症状スマホの利用しすぎで生活リズムが狂って昼夜逆転してしまったり、学生であれば勉強に手がつかなくなって成績が落ちてしまうことがあります。そんな状態になっていて、自分でも自覚しているにもかかわらず、自己コントロール不能でス...

安倍首相、消費増税正当化のトンデモ無責任発言

安倍首相が、10月の消費増税で今後10年間は増税の必要は無いと思うと述べたとか。もちろん、安倍首相の任期は再来年までなので、その後のことについて責任は持てないことは安倍首相も承知のうえでの希望的発言です。ちょっとふざけてるのは、安倍政権でこれ以上の増税は考えていないって発言で、そんなの当たり前だってことです。この発言を聞いたときは倒れそうになりました。ぜんぜん庶民の痛みなど感じていないのでしょう。要は...