このままではやがてGoogleの一存で世界は情報操作される

Google経由で当サイトに来てくれる人は残念ながらほとんどいません。Googleにとって当サイトは魅力がないのでしょう。検索しても表示されることはまずありません・・・。ところで日本の検索エンジンにおけるGoogleのシェアはどの程度か調べてみて驚きました!目次日本の検索エンジンシェア日本の動画共有サイトGoogleとYouTubeの代替サービス | 日本の検索エンジンシェアパソコンでGoogleが約90%、モバイル端末にいたっては約98...

中国でもインドでも自動車が売れない。その現状と要因

世界一の自動車市場である中国と伸長が著しかったインドで信じられないくらいに新車が売れていません。クルマはすそ野の広い産業であり、不振になればあらゆる産業に影響が出てしまいますので非常に心配です。目次世界の自動車市場の動向中国の状況インドの状況今後の動向は・・・ | 世界の自動車市場の動向以下は主な国の自動車販売台数です。 (出所:日本自動車工業会)それにしても中国市場は巨大です。アメリカの2倍近く、日...

MMTにおける財政規律の考え方と安倍首相の3つの敵

卵が先、鶏が先か?これは政府の財政規律を考える際にも当てはまる争点です。目次主流派経済学の考え方MMTによる考え方日本の失敗(失われた20年)安倍首相の3つの敵 | 主流派経済学の考え方主流派経済学にあっては、税収よりも支出が多ければ、赤字国債を出さざるを得なくなり、際限なく国債発行残高が積み上がっていけば、いずれ国債の金利は暴騰し、高インフレとなって国家財政が破綻すると考えるわけでしょう。そして、財政破...

とめどなくあふれ出てくる日本郵便の保険不適切販売

先日来、日本郵便の局員がかんぽ生命の保険を不適切に販売していたのはご存知のとおりです。そして、ことはそれだけにとどまりませんでした。| 日本郵政グループとはいったい・・・そもそも、日本郵政はどのような組織体制で業務を運営しているのでしょうか。日本郵政のホームページを見ますと、英文会社名は「JAPAN POST HOLDINGS Co., Ltd.」とあります。事業内容はグループの経営戦略策定となっており、要するに持株会社なので...

証券会社もポイントで客引き。さてどこが魅力的か

日本人はポイントサービスが大好きです。ちなみにアメリカ人はクーポン券が大好きだそうです。国民性の違いといったところでしょうか。ところで、ネット証券各社も値下げ競争だけでは限界に差し掛かり、各社各様にポイントサービスを提供しています。主なネット証券が提供するポイントサービスをまとめておこうと思います。| SBI証券SBI証券は2019年7月からTポイントが貯まるサービスを開始しました。Tポイントを使って投資信託を...

米ドルはまるで日本におけるLINEとそっくりの構図で成り立っている

日本で一番普及しているメッセージアプリといえば間違いなくLINEでしょう。皆がLINEを使っている以上、自分もLINEを使わざるを得ません。テレビやパソコンなどなら、どんなメーカーを使っても、得られる効能は同じです。でも、メッセージアプリは好みにかかわらず、選択の余地はほとんどありません。楽天のViberが好きだから使ってみたいと思っても、普及してなければほとんど用をなしません。話変わって米ドル。まさに米ドルはLIN...

「夏は円が高くなる~」さて一体いくらまで?

「夏は股間がかゆくなる~」ならぬ「夏は円が高くなる~」なのです。過去20年間、8月は70%の確率で円高になるというのです。事実、今年も夏に円高が進みました。これは構造的要因とその時々の経済状況による要因の2つに分けられます。| 構造的要因日本の輸出企業は夏休み中に円高が進むリスクを避けるため、夏休み前に為替予約をします。要は夏休みに余計な心配をしなくてもいいように為替リスクを無くしておくのです。この為替...

まるで死人に口無し。NHK、偏向報道で自らは責任逃れ

録画してあった8月12日(月)のNHKスペシャル「かくて自由は死せり 」という番組を見て驚きました。戦前に右派メディアとして、「日本新聞」という日刊紙があったというのですが、あたかも日本新聞が日本から自由を奪い取り、軍国主義へと向かわせ、戦争の道筋を切り開いたかのような報道がされていたからです。| 番組の骨子・戦前最大の右派メディアであった日本新聞が日本の言論の自由を奪い、戦争へと向かわせた・日本新聞は、...

さくら総合リート投資法人の投資主総会招集通知が2通届いた

さくら総合リートをめぐる買収戦争にともなって、2019年8月30日に2回行われる主催者が異なる投資主総会の招集通知が届きました。総会で諮る内容は既報のとおりで、特に目新しいものはありません。目次議案の内容気になる点(合併比率の妥当性)合併比率の算定根拠さてどちらに賛成する?解決されない疑問 | 議案の内容(スターアジア側主催の総会)さくら総合の現執行役員を解任し新役員を送り込もうという案と、さくら総合側の資...

銀行の有価証券運用の限界。その賞味期限が近づきつつある

銀行の本業である融資での利ざや稼ぎはマイナス金利の影響で泣かず飛ばずの状態が続いています。本業での赤字を他の収益源でカバーするという構図ですが、いったいいつまで持続可能なのでしょうか。| 本業の不振をカバーするのは・・・本業の収益をカバーしているのはまず有価証券による資金運用でしょう。投資信託や保険の販売手数料、M&Aの仲介なども増えてきてはいますが、とても全従業員を食べさせるような収益の柱にはな...