Jリート最後の一銘柄の選択

skyscraper-3275591__340.jpg

オフィス賃料の上昇、外国人観光客の増加によるホテル稼動率の好調、中古マンション市場の活況など不動産業界は好調のようです。

Jリート市場も堅調です。私、個別のJリートに昨年秋あたりから参入しておりまして、高利回り銘柄を中心として9銘柄保有していますがすべて評価益となっています。

きりの良い10銘柄にして、あとは割安な銘柄をタイミングを見ながら買い増していきたいと思っていますが、さてあと1銘柄を何にしたものか?

ここはリスクを覚悟で「いちごホテルリート投資法人」(3463)に目を付けてみました。分配金利回りは6%強と魅力的な水準です。

心配なのは、日本で民泊が本格的に普及していくかです。フランスでは民泊に押され、ホテルがかなり廃業しているとの話。

しかし調べてみると民泊を考える前に、2020年のオリンピックに向けて現在はホテル不足が懸念されていますが、ホテルの新設が増加してしており、結局最後には供給過剰になるのではと懸念されていることがわかりました。

日本における民泊は始まったばかりであり、その将来性を見通すことは困難ですが、外国人長期滞在者にとってはかなり魅力的だと考えられているようです。

ホテルの供給過剰が懸念されているうえに民泊が普及していくとなるとちょっと弱気になりますね。

将来への不安が高利回りの要因となっていると考えられます。ホテル特化型はリスクが高そうなので避けたほうが良さそうだという結論に至りました。

不動産市場の変化に臨機応変に対応できる総合型で、高利回り銘柄を探してみたいと思います。

【関連ブログ】
民泊とホテル特化型リート
不動産投資信託(不動産種類ごとの特徴)




関連記事

コメント

非公開コメント