アメリカは中国の何に激怒しているのか?新型コロナのその後

ボクシング



アメリカは中国にマジ切れしています。これはトランプ大統領だからというわけではありません。

トランプ大統領率いる共和党のみならず、民主党も今回ばかりは中国に対し、怒り心頭なのです。民主党のほうが幾分冷めてはいますが・・・。果たしてなぜアメリカはそんなに怒っているのでしょうか。



新型コロナウイルス騒動当初の中国の対応


新型コロナウイルスが中国、武漢で発生したことは様々な事実から明らかですが、発生当初の中国政府の対応はまったく誠実さに欠けるものでした。

ウイルスの存在は隠す、隠し切れなくなっても人から人への感染はしないと嘘はつく、と全く無責任対応を繰り返していました。

挙句の果てには、アメリカの軍人が武漢に持ち込んだなどという主張までするようになり、アメリカ人の怒りのスイッチの一つめが入ったのです。

中国が繰り出したマッチポンプ


中国は落ち着きを取り戻すと、てんやわんやの諸国にひも付きの支援まで行うようになりました。いわゆる「マスク外交」です。

マスクあげるから、中国の5G採用しろという図々しさ丸出しの外交です。自分で火をつけておきながら、自分で火消しに走り、他国に恩着せがましく商売するとはまさにマッチポンプそのものです。

さらには、アメリカはウイルス対策もまともにできない無能な国とばかり、アメリカの批判まで始める始末だったのです。

これでアメリカ人の怒りのスイッチの二つめが入ったのです。

怒りは訴訟問題へと発展


アメリカはウイルスの被害も甚大となり、中国の挑発もあって怒りは頂点に達していました。

難しい壁を乗り越えて、州政府は中国政府を相手取り、損害賠償を求める訴訟を起こしたのです。

しかし、中国が素直に賠償に応じるわけがありません。そこで、アメリカ側が考えているのは、中国政府が保有するアメリカ国債を紙屑にしてしまうという案です。賠償額と債券を相殺してしまおうという奇策なのです。

単純な手法ですが、本当にやれば中国も黙ってはいないでしょう。米中冷戦はますます先鋭化することは間違いありません。

ウイルスの呼び方までもが論争に


頭にきているアメリカ人は新型コロナウイルスのことを「中国ウイルス」「武漢ウイルス」と呼ぶことに抵抗を感じる人は少ないようです。

CNNなどリベラルメディアは、こうした呼称に否定的ですが、アメリカ人の半数以上は「中国ウイルス」「武漢ウイルス」という呼び方に賛成しています。

日本では武漢ウイルスなどと呼ぶ人は滅多におらず、アメリカ人の怒りっぷりがわかろうかというものです。その怒りは以下のグラフを見れば全く正当化されるといわざるをえません。

20200930corona.jpg
(出所:社会実情データ図録)

感想


新型コロナウイルスは米中貿易戦争を米中冷戦へと加速させました。

そして、この冷戦はもはや後戻りできないレベルにまで達しています。2020年11月の大統領選の結果にかかわらず、米中冷戦が継続することはまず間違いありません。

中国包囲網が敷かれ、中国はそれに対抗し、世界は米中の二極に分かれ、様々な工作と策謀がうごめいていくことは確実です。

そして、日本は・・・。単独で国を守ることができない以上、引き続きアメリカ頼みの外交を続けるしかありません。さらには今だに習近平氏を国賓で呼ぼうなどととぼけたことを言う爺さんもいます。真に情けないことです。

【関連記事】
台湾を執拗に狙う中国の目的は何か
またしても日本政府が間抜けぶりをいかんなく発揮(泣)
アメリカの制裁と中国の抵抗。中国は自前で進化を目指す
アメリカの対中政策転換を示す公文書の内容
アメリカの大統領候補が認知症なんてことあるの?!
世界は結局、核兵器保有国によって振り回される
ドイツは中国の下請けに成り下がるのか?
アメリカ、本気で中国切り離し政策発動中(デカップリング)
それでも中国製品を買わざるを得ない日本庶民
アメリカによる中国制裁が日本企業にも踏み絵を迫る
「超限戦」。世界制覇のための中国の戦略
中国と犯罪人引渡条約を締結している国へ行くのは恐ろしい
巨大国家、中国が民主化できない理由


にほんブログ村

米中最終決戦 アメリカは中国を世界から追放する [ 藤井厳喜 ]

価格:1,650円
(2020/9/30 21:06時点)



米中新冷戦の正体 - 脱中国で日本再生 - 脱中国で日本再生 [ 馬渕 睦夫、河添 恵子 ]

価格:1,425円
(2020/9/30 21:08時点)
感想(1件)




関連記事

コメント

非公開コメント