民法改正(将来債権の譲渡)

law-1063249__340.jpg

現行民法では、債権に譲渡性がある旨を規定しますが、将来発生するであろう債権について譲渡可能であるかを明らかにしていません。

判例において、将来債権の譲渡が認められる旨を判事しています。

そこで改正民法においては、将来債権においても譲渡が可能であることを明文化しました。

私は法律家でないため、上記内容の正確性について保証できません。



3時間でわかる! 図解 民法改正 [ 熊谷 則一 ]

価格:1,620円
(2018/6/17 23:37時点)
感想(0件)


関連記事

コメント

非公開コメント