投資信託への資金流入が続く

stock-exchange-738671__340.jpg

月ごとにばらつきはあるものの投資信託への資金流入額が7か月連続でプラスになっています。

投資先としては、バランス型、世界株式型への投資が好調のようです。

その一方で、アメリカの金利上昇を嫌気して、海外債券型は不調。また金利上昇により相対的魅力が低下した海外リートなどが不調です。

バランス型への資金流入が好調なのは、つみたてNISAやイデコによる投資が大きいと考えられます。

また世界経済が比較的好調に推移している中でも今後への不安もあることからリスクを大きく取ろうというよりも、守りながら増やしたいというニーズが強いと思います。

いずれにせよ、若い世代に積み立て型の投資が広がりを見せていることから、投資信託の需給は今後とも良好であろうと予想されます。






関連記事

コメント

非公開コメント