擬似バフェット指標(再掲)

ホームページに指標を載せてみましたが、あまりに反響が少なく、いや無いためブログにも載せておこうと思います。
なお標準偏差によれば約7割の確率で株価の高安の幅は収まることとなります。

(以下ホームページより引用)

名目GDPの金額と株式市場の時価総額を比較するという方法は、株式市場への上場という社会的価値観に左右され、指標としては連続性に欠けると考えた。そこで、名目GDPと日経平均株価を時系列で比較し、株価の居所を確認してみる。

データは1980年からである。

名目GDP(10億円単位)を月末の日経平均株価で割り数値を出す。株価が割安ならば数値は高く、逆ならば低くなるはずだ。1980年からの平均値をとり、標準偏差を求める。そして、上振れした場合と下振れした場合の想定値、適正株価水準を求める。それと現在の株価と比較して、株価の水準を調べてみようということになる。


■2018年2月末現在の状況■

20180306.jpg

以下に2018年2月末までのデータが続いていますが割愛します。

関連記事

コメント

非公開コメント