家で映画館気分。機材は1万円程度ですべて揃うのだ!

プロジェクター

数年前、ネットフリックスがアル・パチーノやロバート・デ・ニーロなどの超一流映画スターを起用してオリジナル映画を製作すると聞いたときは驚いたものです。

そしてその製作費にも。なんと100億円以上の制作費をかけて作るというのですから、劇場で上映される映画とまったくそん色のないレベルいやそれ以上の規模でしょう。

いくらなんでもやり過ぎでは?とか、映画はやはり映画館で見ないと雰囲気が出ないのでは?とか考えて幾分冷ややかな目で見ていたわけですが、最近になりようやくその狙いと先見性の高さに驚かされることになりました。

さてそのポイントは何なのでしょうか。






ネットフリックス。映画製作の原動力


ネットフリックスは世界中にサービスを提供しており、全世界で2億人以上が契約しているわけですが、その約3分の1は北米の顧客です。

7000万人規模の視聴者を誇るネットフリックスがオリジナル映画に参入することは合理性のあることだといえます。

なぜなら、劇場で映画を上映すれば、その取り分は映画の配給会社と映画館で折半となります。

しかし、独自の配信ルートがあるネットフリックスが映画館を通さず、自らの配信サービスで映画を配信すれば映画館の取り分を払わなくても済む。

その分、高い制作費もかけられるというわけです。

ところで、軽薄短小な映画が多いとはいえ、アメリカの映画そしてエンターテインメントは世界中に人々から圧倒的な支持を受けているという事実があります。

20220219entame.jpg
(出所:社会実情データ図録)

コロナ禍も追い風に


また、追い風が吹いたのは新型コロナウイルスの蔓延でした。

人々は外出することがままならなくなり、映画館には閑古鳥が鳴くことになります。その点、各家庭に直接配信されるネットフリックスには関係がない。

しかし、テレビでは映画館の迫力を味わうことができないというのもまた事実です。面白い映画でもテレビで見るのではいささか味気ない。音響効果も半減してしまうでしょう。

だからこそ、映画館の雰囲気を味わいたくて、映画館に足を運ぶ人も多いはずなのです。

私はテレビで映画を見ることにすっかり億劫になってしまいました。

迫力もないし、いつでも見られると思うとかえって見なくなってしまうものなのでしょう。

自宅でミニシアター


しかし、ここ最近は安価なプロジェクターが市場に出回るようになり、プロジェクターとスクリーン、そしてちょっとしたスピーカーを備えれば、自宅でもミニシアターができるようになりました。

部屋を暗くして見れば雰囲気も映画館といったところです。

映画配給時の取り分の問題、コロナ禍、プロジェクターや大型画面のテレビの急速な普及がネットフリックスのオリジナル映画製作の原動力となったと考えられます。

ところでプロジェクターといってもピンからキリまであります。

10万円も出せば良いプロジェクターが買えるのは当たり前。しかし、なかなかそこまで出せる人は少ないのではないでしょうか。

そこで安価なプロジェクターを選択する際に何を基準にして選んだらよいのか考えてみたいと思います。

もっとも重要なのは明るさの程度


昼間から遮光カーテンなしのまま、プロジェクターで映画を見たいというなら安価なプロジェクターでは不可能だと言ってよいでしょう。

明るさの単位はルーメンとANSIルーメンという2つの単位があり、単純に比べられないのがやっかいです。

明るい部屋で見たいのならば、4000ルーメンあるいは300ANSIルーメンは欲しい。

しかし、このレべルになると価格は多少高価となります。

概ね3万円以上の出費は必要なレベルとなるはずです。高級機となれば10万円前後に跳ね上がります。

映画はもともと暗い映画館で見るもの


しかし、映画はもともと暗い映画館で見るもの。

雰囲気を出したいのならば夜に部屋を暗くして見ればそれらしいムードも出ます。

となれば極端な明るさのレベルは必要ありません。そうすればプロジェクターの価格帯も驚くほど安くなります。

1万円以下の商品でも十分なレベルです。

あとはプロジェクターのHDMI端子にAPPLE TVやFIRE STICKを差せばOK。

100インチレベルのテレビを置くのはよほど大きな家でなければ苦しい。しかし、プロジェクターならばそのときだけ引っ張り出せばいいのですから家が狭くても問題ありません。

最後に


家で手軽にミニシアター。これさえあれば、よほど見たい新作映画でなければ、おうちで映画館気分を楽しむことができるのです。(実際やってみたので間違いなし。ただし高級志向の人は除く・・・)

映画鑑賞からちょっと遠ざかってしまった人にはおススメの方法です。

以下のような3点セットでミニシアターが実現可能となります。

【送料無料・一部地域除く】FF-5547の後継機 高性能/多機能 HDMI対応 LEDプロジェクター FF-5560

価格:7,980円
(2022/2/19 23:21時点)



プロジェクタースクリーン 折りたたみ式 《110インチ》 超軽量 ポリエステル布 コンパクト 壁掛け 映画 会議[ゆうパケット発送、送料無料、代引不可]

価格:1,980円
(2022/2/19 22:49時点)



PCスピーカー 4W コンパクトスピーカー USB電源 小型 3.5mm接続 高音質 テレビ用 スマートフォン パソコン usbスピーカー

価格:1,880円
(2022/2/19 22:52時点)



【関連記事】
スノーデンによって暴露されたアメリカの世界的諜報
予想された結果。ワクチン接種のデメリットがメリットを上回る
Facebookの言論封殺は社会主義国なみの酷さ
テレビ業界の裏側。ここまで腐り果てているとは予想以上だ!
新聞はもはや瀕死状態。そして次は地上波テレビか
わずか140文字のツイートで人はここまで暴かれる
20年後、NHKを見る人はほぼいなくなるだろう

↓↓応援クリックお願いします↓↓

にほんブログ村




関連記事

コメント

非公開コメント