地球温暖化ビジネスのカオスが怪しすぎる

地球2

すっかり夏めいてきて5月にしては暑くなってまいりました。

暑くなると話題に上がるのは「地球温暖化」、そして「CO2削減」です。

しかしながらこの2つ、本当に関連性があるかも疑わしい。単に環境ビジネスに利用されている可能性も十分に考えられます。






地球温暖化とCO2


ここ20年程で、世界の気温が上昇しているのはどうやら間違いないようです。

20220529kion.jpg
(出所:社会実情データ図録)

また産業革命以降、とりわけ第二次世界大戦後にCO2排出が増えているのは確かです。

20220529CO2.jpg

しかし、長期的に見れば過去にも寒い時期と暖かい時期があり、この原因をCO2だけに求めるのは無理があるのではないでしょうか。

20220529kion2.jpg
(出所:Wikipedia)

夢物語のCO2削減目標


地球温暖化とCO2の関係は科学的に証明されてはいませんが、あたかもCO2が原因であるかの如く報道され、既成事実化されています。

2015年にパリで開かれたCOP21で採択されたパリ協定では、発展途上国はいくらCO2を出しても許容されるといいます。

だから先進国は発展途上国からCO2の排出権を買えば、CO2削減をしたことになるという骨抜きとなっています。

2050年までのCO2削減目標など所詮、絵に書いた餅であり、実現不可能といえます。

温暖化のビジネス利用


グローバル巨大資本企業は世界のどこにでも工場を持っていける。なるべく人件費の安いところが望ましい。その方が利益が大きくなるからです。

だから発展途上国には規制を緩くしてもらわないと困るのです。

地球温暖化とCO2はビジネスに利用されており、温暖化ビジネスともいえるものです。

電気自動車(EV)への流れが加速しているのも温暖化ビジネスの一環だといえます。

「新型コロナ」「EV・脱炭素」「SDGs」の大ウソ 武器としての理系思考2;ブキトシテノリケイシコウツー [ 武田邦彦 ]

価格:1,540円
(2022/5/29 12:30時点)



専門家すらわからない


気象庁の気象研究家であった故根本順吉氏は、1974年に『冷えていく地球』という本を出版しています。

同書において著者は、1970年代に入り、地球は寒冷な気候(第四小氷期)に入ったと主張しています。

ところが根本氏は1989年に『熱くなる地球 温暖化が意味する異常気象の不安』という本を出しています。わずか15年で言うことが真逆に変化しているのです。

専門家であっても地球の温度変化を予測するのは難しく、原因を突き止めることが困難であることがわかります。

最後に


最近、地球が温暖化しているのは事実としても、それがCO2によるものかはわからない。太陽の活動変化によるものかもしれないし、海底のマグマによるものかもしれない。

しかし、CO2にすれば都合がよい、言い換えればCO2のせいにしなければ困る人がいるということでしょう。

その「人」たちの真の目的は地球環境などではなく「金」であることは容易に察しがつくのであります。

↓↓応援クリックお願いします↓↓

にほんブログ村

【関連記事】
中国が世界の穀物を爆買いして備蓄。一体なにを企んでいるのか
NHK批判をする人は太陽光発電も批判しないと筋が通らない
地球にやさしいはずの太陽光発電が未来の地球を汚染する
電気自動車の闇。アフリカ、コンゴの子どもたち
誰も望んでいない電気自動車が強制される不思議
海洋マイクロプラスチック問題の嘘と欺瞞
日本が石油輸入の大半を中東に依存する理由

SDGsの不都合な真実 「脱炭素」が世界を救うの大嘘 [ 杉山 大志 ]

価格:1,320円
(2022/5/29 12:32時点)






関連記事

コメント

非公開コメント