民法改正(復代理人選任に係る任意代理人の責任)

任意代理人は本人の許可を得れば、またはやむを得ない事情があれば任意代理人の代理人(復代理人)を選任することができます。(民法104条)

この復代理人が委任された業務を行わなかった場合、現行民法105条において任意代理人は復代理人の選任および監督に責任を負うとされています。(民法105条1項)

しかしながら、復代理人を置くことで任意代理人の責任が軽減してしまうのは道理に合わないといえるでしょう。そのため、改正民法では現行民法の105条が削除されることとなりました。

復代理人が業務を行わなかった場合、任意代理人は本人との関係において債務不履行責任を負うことになります。

私は法律家でないため、上記内容の正確性について保証できません。


3時間でわかる! 図解 民法改正 [ 熊谷 則一 ]
関連記事

コメント

非公開コメント