楽天モバイル袋小路。貧すれば鈍するで子会社上場による資金かき集め

線路

楽天の三木谷氏は菅前首相のことを恨めしく思っているのではなかろうか。

意気揚々と携帯電話産業に乗り込んでみたはいいものの、桁外れの値下げ圧力がかかり、挙句の果てにはデータ通信1Gまでは0円と他社には真似できない奇策に打って出たのであります。

それでも続けられればよい。しかし、手のひらを返すように0円は撤回。ライトユーザーにとっては裏切られたも同然の行為であり、失望の念に駆られたのは想像に難くありません。

記者会見では0円でいつまでも使われては迷惑だ、くらいの発言をして大ヒンシュクを買ったのであります。だったら最初からやるんじゃないと思うのは私だけではないでしょう。

その楽天モバイル。いまや袋小路に陥っているのではないかという見方が大勢を占めてきています。この苦境を脱するのは並大抵のことではないと思われます。






客寄せパンダ、あっという間に消える


0円プランがなくなったことによって、楽天モバイルをメインで使用している人の35%、サブで使用している人の65%が他社への乗り換えや解約を検討しているといいます。

まあ、そりゃそうでしょう。人を馬鹿にするにもほどがある。

客寄せパンダで客が集まったら、あっという間にパンダがいなくなったのですから。

パンダのおかげもあってか、楽天モバイルには2022年3月で491万件もの契約者が集まりました。

しかし、設備投資にお金がかかり、赤字は膨らむ一方なのです。

眉に唾がつきそうな発言


三木谷氏によると2022年1月~3月がモバイル事業の赤字ピークだといいます。しかし、これはいささか眉唾ものです。

0円廃止前、楽天モバイルの契約者当たり月間収入は750円ほどと推計されています。

0円廃止後は最低料金が980円に跳ね上がるのですから一気に契約者当たり月間収入は上がり、1300円ほどになると試算されています。

しかし、その分契約者は減ること間違いなしなのです。

給料が増えない中、物価だけが上がり、せっかく負担の下がったスマホ料金が再び負担増となるなど受け入れられるはずがありません。

楽天モバイル袋小路


アナリストなどの試算によれば、楽天モバイルが黒字化するためには契約者当たり月間収入が1500円と仮定すると2700万契約が必要だといいます。

2022年3月の契約件数よりもさらに2000万件増やさなければならないという超絶苦しいハードルが待ち構えています。

ところが実際の契約者の増加ペースは月間10万件程度・・・。これでは200か月≒16年もかかってしまう計算になります。

よって当面黒字化は難しいし、コスト削減で設備投資を抑制すれば安かろう悪かろうで客は逃げてしまいます。

もはや楽天モバイルは袋小路に追い詰められているといってよさそうです。

高校数学からはじめるディープラーニング 初歩からわかる人工知能が働くしくみ (ブルーバックス) [ 金丸 隆志 ]

価格:1,540円
(2022/7/12 22:38時点)



貧すれば鈍する


株価がそれを如実に物語っています。

20220712_4755.jpg

わずか1年で株価は半値になってしまいました。

資金繰りが厳しいのか、子会社の上場も急いでいます。楽天銀行、楽天証券の上場を相次いで発表し、上場益による資金獲得を急いでいるようです。

市場環境は必ずしも良くない。そんな中でも上場を急ぐのは楽天の置かれた環境が厳しいことを表しているといえそうです。

起死回生策に期待


2021年末の契約件数はNTTドコモが8400万件弱、KDDIが6200万件弱、ソフトバンクが4800万強といったところです。

楽天モバイルはソフトバンクの10分の1レベルであり、伸びしろは大きいとはいえます。

しかし、各社とも価格を下げており、楽天モバイルの魅力は相対的に下がっている。これでは思ったように契約件数は伸びないでしょう。

楽天モバイルには次なる起死回生策を期待したいところです。

というか1Gで300円くらいの価格帯を追加しとけば客の怒りを買うことはなかったのはないかというのが個人的かつ勝手な感想なのでありんす。

というか、いきなり路線変更すんな!

↓↓応援クリックお願いします↓↓

にほんブログ村

【関連記事】
楽天、財務悪化で子会社上場益の獲得目指す。楽天モバイル後遺症
楽天、携帯事業の投資負担で綱渡り続く。打開策で起死回生なるか
超節約術。MVNO(格安SIM)がさらに格安になって、もはやタダ同然
楽天、国防を無視した増資が国際問題にまで・・・
もはや携帯電話会社は仁義なき消耗戦に突入。今後の株価は期待できず
5Gの仇は6Gで取る。日米VS中国のガチンコ勝負
意外なことにイノベーションは国家が牽引する
楽天、携帯事業の投資負担で綱渡り続く。打開策で起死回生なるか

5G 大容量・低遅延・多接続のしくみ (ブルーバックス) [ 岡嶋 裕史 ]

価格:1,100円
(2022/7/12 22:37時点)






関連記事

コメント

非公開コメント