堅実かつ現実的しかし夢なし。現代の若者に受け入れられるデビットカード

カード

デビットカードなんてものはとうの昔に廃れたサービスだと思っていたらそうでもないらしい。

日本の大手銀行3行では2021年度、クレジットカードの発行枚数を上回ったというのだから驚きです。

いったいなぜ今、デビットカードが受け入れられているのでしょうか。






堅実派にはデビットカード


同じキャッシュレス決済とはいえ、クレジットカードとデビットカードではその性質が大きく異なります。

ご存じのとおり、クレジットカードは1か月の使用分をまとめて後払いするのに対し、デビットカードは使ったら即、銀行口座からその金額が引き落とされます。

要するに口座の残高の範囲内でしか使うことができない。

その意味において、現金払いとなんら変わることがなく、極めて堅実な支払い手段だと言えます。

キャッシュレス決済の内訳と傾向


キャッシュレス決済は確実に増加傾向にありますが、その種類によって傾向は異なっています。

以下はその推移です。

20220717cash.jpg
(出所:経済産業省)

いくつかポイントをあげるとしたら以下のような点となるでしょう。

・クレジットカードは安定的に伸びており、そのシェアは圧倒的

・ここ数年はQRコード決済は急速に伸びている

・電子マネーは頭打ちとなっている

・デビットカードが着実に増えている

2016年あたりから徐々にデビットカードの決済額が増えてきていることがわかります。

日本はまだまだ未成熟市場


日本にキャッシュレス決済が増加傾向にあるとはいえ、国際的に見ればその水準は驚くほど低いといえます。

20220717cash2.jpg
(出所:経済産業省)

さらに細かくみると世界的にはキャッシュレス決済のうち、デビットカードが占める割合は概ね2割から3割程度なのに、日本はほんの1%程度にすぎません。

ということは日本においてはキャッシュレス決済の伸びしろはまだまだ大きく、とりわけデビットカードが期待できるということになるのでしょう。

そのあたりを見越して、銀行などはデビットカードの普及に力を入れているものと推測できます。


キャッシュレス進化論 世界が教えてくれたキャッシュレス社会への道しるべ [ 安留義孝 ]

価格:1,980円
(2022/7/17 17:21時点)


デビットカードを受け入れやすい世代


また、日本ではデビットカードを受け入れる社会環境が整っているともいえます。

まずは、日本人の現金払い志向が高いことです。前述のとおり、デビットカードの性質は現金払いに近く、堅実志向の日本人に受け入れやすいと思われます。

とりわけ若い世代に堅実志向、現実志向が広まっており、デビットカードと相性がよいといえます。

なぜ若者がそんなに縮み込んでいるかといえば、日本は長らくデフレに苦しんでいたからにほかなりません。

昨今はインフレが進んでいるといわれていますが、世界各国は物価上昇率以上に賃金が上昇しているため、実質賃金は伸びています。

ところが日本は物価が上昇しても賃金が上がらない。そのため、実質賃金が伸びないという状態にあります。

20220716tingin.jpg
(データ出所)厚生労働省,内閣府,アメリカ労働統計局

だから日本銀行は金融緩和を止められません。そんなことをしたら再びデフレに陥ることが目に見えているからです。

デビットカードなら・・・


ほかにもデビットカードが普及しやすくなっている現実があります。

日本のクレジットカードの審査は海外ほど厳しくはないわけですが、それなりの審査があるわけです。

デフレで困窮してきた人の中には審査が通らない人もいます。

その点、デビットカードは審査が不要です。与信枠がないから審査する必要がない。

クレジットカードよりもハードルが低いというわけなのです。

日本とドイツ


日本と同じように現金主義の人が多い国としてドイツが挙げられます。

ドイツは世界第4位の経済大国です。しかし、キャッシュレス決済比率は日本をも下回ります。

様々な要因はあるのでしょうが、一要因として治安の良し悪しが関係しているのではなかろうか。

要は現金を持ち歩いていても危険を感じないという治安の良さがキャッシュレス決済の進展を阻んでいる面もあると推測します。

(参考)
20220717cash3.jpg
(出所:社会実情データ図録)

日本もドイツも泥棒が少ないことがわかります。

キャッシュレス決済が進んでいる国=良い国ではないという点には注意が必要でしょう。

↓↓応援クリックお願いします↓↓

にほんブログ村

【関連記事】
見事に外れた三島由紀夫の予言。日本の現在
期間が長いほど金利が低いという異常が常態化。将来の景気悪化を予言
投資詐欺はもはや高齢者だけがターゲットではない。若年層に忍び寄る罠
限界消費性向からも日本がとるべき政策は明らかなのだが・・・
日本のバブル崩壊とその後のデフレがいかに強烈であるかを示す数字
仕事にやりがいなし。これでは株価も上昇しない・・・
マクロ経済学の公式を見れば日本がやるべきことは明らかなのに・・・
相変わらず切れ味鋭い中野剛志氏の指摘。矢野財務次官発言をぶった斬る

決済サービスとキャッシュレス社会の本質 [ 宮居雅宣 ]

価格:2,750円
(2022/7/17 17:22時点)






関連記事

コメント

非公開コメント