成長するから分配できるのか、分配するから成長できるのか?どっちだ!

ひよこ

学問っていうものは、常に進化している以上、その時点で正しいと思ったものがいつまでも正しいとは限らないのは当たり前だとは思います。

太陽が地球の回りをまわっているかと思ったら、実は逆だったなんていうのは典型的でしょう。

しかし、普通の学問ではいつかは正しい答えに集約されていくと思います。ところが経済学ばかりはそうはいかないようです。

人によって言うことが全く逆であることが多いし、どちらが正しいのかはいつまでも明らかにならないことがほとんど・・・。ほとんど言った者勝ちで、信じた者負けみたいな世界です。

成長と分配の関係について一流の論客の間でも全く別の論理が展開されており、どちらを信じてよいかわかりかねるのです。






岸田政権をボロクソ批判


岸田政権は発足当時から、「分配なくして成長なし」という論理を展開しております。

この論理は、大衆受けはするでしょうがどうも怪しげだという印象を受けます。

著名な経済学者、高橋洋一さんなどはこの論理をこけおろしております。詳細は以下をご覧ください。



別の見方もあり


経済が成長しなければ分配などおぼつかない。そう考えるのは至極当然のことのように思えます。

しかしながら、奇跡の経済教室シリーズが大ベストセラーとなった評論家、中野剛志さんによれば、「分配なくして成長なし」が正しいということになります。

中野さんの著書によれば、近年の研究から得られる知見として「分配なくして成長なし」説のほうが有力であるとのことです。

メカニズムその1


「分配なくして成長なし」説が正しいとされる根拠として、2つのメカニズムが紹介されております。

一般的に、低所得者のほうが高所得者よりも消費性向が高いため、一部の富裕層が富を独占するような格差社会では消費需要が小さくなります。

したがって、低所得者層への分配を厚くすれば消費需要が拡大し、経済が成長するというものです。

変異する資本主義【電子書籍】[ 中野剛志 ]

価格:1,782円
(2022/8/16 21:27時点)




メカニズムその2


2つめとして教育への影響が挙げられています。

経済が成長するためには国民への高い教育が必要になります。しかし、低所得者が多い格差社会では教育が行き届かなくなり、経済が成長しなくなってしまいます。

そこで低所得者への分配を増やし、教育を十分に受けられるようにすれば経済が成長するというものです。

批判のための批判なのか??


高橋洋一さんの動画を見ると、岸田政権への批判ばかりが目につきます。最初に結論ありきの論理展開をしているように感じるのは気のせいか・・・。

何をやっても多分、岸田政権を良く言うとは思えない。

最初から色眼鏡でもって観察し、揚げ足をとることが目的化しているようにも見えます。

経済学というのはほとんど思想信条に近いものがあり、何が正しいかよりも誰が正しいかに焦点が当てられるのではなかろうか。そんな印象をぬぐえないのであります。

個人的に検証!


さて、先入観や偏見をなくし、どちらが正しいのか?限られたデータではありますが検証してみたい。

検証方法は比較的単純です(なにしろ時間がない・・・)。

ジニ係数(※)の高低と経済成長率の高低の相関関係を検証するのみです。

(※)ジニ係数
所得や資産の不平等さを表す指標。指標は0~1の数値となる。数値が大きいほど不平等が大きいことを示す。0.2~0.3程度が望ましいとされ、0.4を超えると格差が拡大しており、社会が不安定になって騒乱が起きやすくなるとされる。


結論!!


以下は1980年から2013年と実に33年にも及ぶ世界各国のジニ係数の平均値と実質経済成長率の平均値を表しています。

20220816keizai.jpg
(データ出所:IMF,厚生労働省)

そして以下は横軸にジニ係数、縦軸に実質経済成長率をとった散布図です。直線は近似曲線です。

20220816keizai2.jpg

ほとんど傾向はみられず、バラバラに点在しているように見えます。

相関係数は0.10となり、ほぼ相関はないといえます。

結論。

どっちもどっちで両方間違ってる!経済学者や評論家の言うことは当てにならん!!

(あくまで私見ですのであしからず)

↓↓応援クリックお願いします↓↓

にほんブログ村

【関連記事】
MMTの伝道師、ステファニー・ケルトン教授対談の字幕版がわかりやすい
中野剛志氏、竹中氏ら並み居る論客をぶった斬り
日本が陥っている経済的罠「リカーディアン均衡」
日本の低成長・デフレ長期化は少なすぎる国家予算が原因
単なる内ゲバ。経済学界隈の醜い争い、リフレ派とMMT派
最低賃金を上げさえすれば国民は幸福になるのか

データから真実と未来を見抜け! プーチンショック後の世界と日本 [ 高橋洋一 ]

価格:1,650円
(2022/8/16 21:29時点)






関連記事

コメント

非公開コメント