資源高、インフレで大儲けしている企業はどこだ?!

駅

コロナ禍によるサプライチェーンの寸断や人手不足で物価が高騰していた中、ウクライナ戦争は資源高や穀物価格の上昇に拍車をかけたのはご存じのとおりです。

経済環境が目まぐるしく変わる中、業績の好不調も銘柄によって大きく異なっています。コロナ前とは風景が一変しているのです。

いったい今、業績が絶好調なのはどんな業種や会社なのでしょうか。






ウクライナ戦争で資源高加速


以下は昨今の原油価格の推移です。

20220827genyu.png
(出所:世界経済のネタ帳)

新型コロナが発生した直後は暴落したものの、その後は上昇を続けていることがわかります。

さらに2022年に入り、価格上昇が加速しました。その原因はもちろんウクライナ戦争です。

ロシア、ウクライナの小麦輸出減少の影響


ウクライナとロシアは小麦の一大産地です。

20220827komugi2.png
(出所:外務省)

輸出に限れば、ロシアは世界トップ、ウクライナも世界シェアの1割近くを占める輸出大国だったのです。

両国合わせれば、世界の3割を占めていたのです。

20220827komugi3.png
(出所:農林水産省)

それがウクライナ戦争で滞り、価格は一気に上昇しました。

20220827komugi.png
(出所:世界経済のネタ帳)

ここ最近は下落しているのが、食料自給率が低く、円安である日本にとっては救いではあります。

資源高、穀物高で大儲け


このような状況をむしろ追い風にできる企業もあります。そして、コロナバブルあるいはウクライナ戦争バブルといった様相を呈しているのです。

ではいったいどんな業種あるいはどんな会社が大儲けしているのでしょうか。

2022年4月~6月期の業績からその動向を見てみることにします。

まずはなんといっても総合商社です。商社は資源高の恩恵を存分に受けることができました。

特に好調だったのは三菱商事(8058)です。2022年度第1四半期では過去最高の純利益を上げています。なんと第1四半期だけで、通期予想の6割以上を達成してしまいました。

会社側は業績の上方修正をする可能性が高いと考えているようです。

株価もコロナ騒動後から右肩上がりとなっていることがわかります。

●三菱商事(8058)
20220827_8058.jpg

その他、丸紅や三井物産、住友商事といった総合商社も三菱商事ほどではありませんが、業績は絶好調です。


日本株を動かす 外国人投資家の思考法と投資戦略 [ 菊地 正俊 ]

価格:1,760円
(2022/8/27 13:15時点)



異様な配当利回り


商社とともに絶好調なのは海運です。

新型コロナで稼働できるコンテナ船が減少している中、巣ごもり需要は好調であり、物流需要は減っていません。当然、コンテナ船の運賃は上昇します。その恩恵を被っているのが、日本郵船や商船三井、川崎汽船といった海運会社です。

日本郵船の株価はコロナ前に比べて5倍以上に上昇しました。

●日本郵船(9101)
20220827_9101.jpg

これだけ株価が上昇しているのに、予想配当利回りはなんと約13%!

株価の下落を先読みしているとしか思えない異様な配当利回りとなっています。

そろり回復中


業績絶好調とはいえませんが、V字回復をしているのが鉄道会社や航空会社です。

コロナ疲れ、コロナ慣れにより移動需要が回復してきています。そのため、赤字体質から黒字にいよいよ反転してきています。

しかし、株価の戻りはまだ鈍い。コロナ前の7割程度でしかありません。

●東日本旅客鉄道(9020)
20220827_9020.jpg

まだまだ本格回復までには程遠いということなのでしょう。

最後に


さて上記3業種から投資するならどこがよいのか?

さすがに海運の業績は一過性である可能性が高いとみます。でなければ13%もの配当利回りが許容されるはずがない。

資源価格もさすがにピークは越えたようです。

最近は中国の景気が落ち込んでおり、資源需要にも陰りが見られます。したがって、商社株もぼちぼち頭打ちといったところでしょうか。

2,3年先のアフターコロナを見据えるならば黒字回復してきた鉄道会社や航空会社がより安全かつ有望な投資先ではないかというのが個人的見解です。

↓↓応援クリックお願いします↓↓

にほんブログ村

【関連記事】
情けなくなるほどの日本の凋落。コンテナ取扱数を見れば歴然
やはりバフェットは投資の天才。日本の商社株で大儲け!
ウォーレン・バフェットが日本の総合商社に投資。一体なぜ?
世界的な企業業績の急ブレーキ。先行きに暗雲立ち込める
ブースター接種の危険性は非常に高い。なのに4回めのワクチン接種とは・・・
一見奇妙なグラフ、しかし・・・。新型コロナとワクチンと。
高配当株なら何でも良い相場は終了。高配当株の罠

投資信託の不都合な真実 [ 鈴木雅光 ]

価格:1,650円
(2022/8/27 13:15時点)






関連記事

コメント

非公開コメント