マイナンバーの提出期限迫る

accounting-3190208__340.jpg


平成27年12月末までに証券会社の口座を開いていた人のマイナンバーの提出猶予期限が平成30年12月末に迫ってきています。

平成28年以降に口座を開いた人はその時点でマイナンバーを提出しているので関係ありません。

私、サブの証券会社にマイナンバーを提出した記憶がございません。このまま放っておくとどうなるのか心配なので念のため調べてみました。

日本証券業協会のWEBサイトを見ると、「証券会社へのマイナンバーの提供が済んでいない方は、平成31年1月1日以後最初に株式・投資信託等の売却代金や配当金等の支払を受ける時までにマイナンバーの提供が必要です。」とあります。

字義どおりにとらえれば、平成31年以降でも株式や投資信託を売却することはできるが、出金することはできないと思いますが本当にそれでいいのでしょうか。

証券会社のWEBを見てもはっきりしたことが書かれていません。取引に制限がかかる場合があるなどと書かれており、具体的なことが書かれていません。

どうやら未提出の場合の対応は未だはっきりとしていないようです。しかし、すべての取引が制限される可能性も否定できないので、出しておいたほうが無難だと思います。



これから起こる「マイナンバー犯罪」 (新書y) [ 夏原武 ]

価格:972円
(2018/7/23 17:19時点)
感想(0件)



関連記事

コメント

非公開コメント