個人向け国債にそろりとマネーが流入

notebook-1971495__340.jpg


ご承知のとおり、金利の下降局面では固定金利で運用し、上昇局面では変動金利で運用するのが鉄則でしょう。お金を借りる場合はその逆になります。

長期金利を0.2%程度まで許容するという7月末の日銀の金融政策の一部変更により個人向け国債(10年)の存在感が少しずつ高まってきています。

8月の個人向け国債(10年)の利率は0.09%となり、ひさしぶりに下限の0.05%を上回りました。

そこで個人向け国債(10年)の商品性についておさらいしてみました。なお、個人向け国債には固定金利型の5年ものと3年ものもあります。

【商品名】

個人向け国債(変動金利型10年満期)

【金利の設定方法】

前月の最後に行われた10年固定利付国債の入札における平均落札利回りを基準金利とする。

そして、基準金利×0.66

が適用利率となる。適用利率は半年ごとに見直される。

【下限金利】

0.05%

【利子の受け取り】

半年に1回

【購入単位】

1万円以上1円単位

【中途換金】

発行後1年経過すればいつでも中途換金可能

【発行月】

毎月


とこんな感じです。詳細は財務省のWEBでご確認ください。

個人的には「金利1%未満≒0と同じ」に感じてしまいますので、まだまだ魅力的とはいえないですが、昨今の金融情勢は波乱含みとなっていますので、資金の逃避先をしての価値はあると思います。






関連記事

コメント

非公開コメント