つみたて投資枠で投資するファンドを決めてみるの巻

コイン

いよいよ新NISAがもうすぐスタートします。

成長投資枠は、2024年中にタイミングを見ながら投資していけばよい。ですが、つみたて投資枠は毎月10万円を定期的に積み立てていくのが筋でしょうから、早目に投資先のファンドを決めておく必要があります。

というわけで、来年を見据え今のうちにファンドを決めておきたいと思った次第なのです。






中高年というハンディキャップ


最適な投資対象は、その人に年齢によって大きく異なってくるでしょう。

若い人ならば大きなリスクをとって、大きなリターンを狙うのが望ましいと思います。なにしろ時間がありますから、少々悪い時期があっても取り返せる可能性が高い。

しかしながら、私めのように50歳代となるとそうもいきません。

深手を負えば、傷が癒える間に寿命が来る可能性があるからです(泣)。

リスクを抑えつつある程度のリターンを目指す、ミドルリスク・ミドルリターン戦略が最適であると考えます。

ファンド選定条件は?


そんなわけで、以下の条件から候補となるファンドを絞っていくこととしました。

・バランス型であること

・1年決算であること

・つみたて投資枠の対象商品であること(当たり前・・・)


1年決算に絞ったのは、分配金は支払われずになるべくファンド内に利益を留め、複利効果を最大限享受したと考えるからです。

その中から、自分の好みのバランスで運用されているファンドを絞り込み、さらに一番費用が安いファンドを選んでいくというプロセスです。

ただし、あまりに設定されてから時間が経過しているにもかかわらず、運用資産が少ないファンドは避けたいところ。

運用会社としても力が入らなくなるし、早期償還になるのは嫌だからです。

為替ヘッジという邪魔者


候補に挙がったファンドを順に見ていきます。

・Tracers グローバル3分法(おとなのバランス)

なんだか聞いたこともないようなファンドです。運用資産はわずか2.5億円ほど・・・。

設定日が2023年2月ですからやむを得ないのか?

運用会社は、日興アセットマネジメントですから大手だといえるでしょう。

特徴としてはとにかくコストが安い。信託報酬は、0.1089%(税込・年率)です。

資産構成は以下のような感じとなっています。

海外株式インデックスMSCI-KOKUSAI(ヘッジなし) 16.9%
海外新興国株式インデックスMSCIエマージング(ヘッジなし) 2.2%
日本株式インデックスTOPIX 1.0%
海外リートインデックス(ヘッジなし) 12.2%
日本リートインデックスJ-REIT 1.0%
海外債券インデックス(ヘッジあり) 58.5%
日本債券インデックス 7.9%

気になるのは、海外債券がヘッジありとなっていること。

ヘッジコストがかかるし、結局低利回りとならざるを得ないというのが過去の経験則です。

しかもその資産比率は6割近い。あまりに保守的であり、面白みにかけると言わざるを得ません。ということでパス!

50歳の壁 誰にも言えない本音

価格:1100円
(2023/11/25 22:45時点)



eMAXISシリーズ


続いては以下のファンドです。

・eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

運用会社は、三菱UFJアセットマネジメントです。

運用先は、国内株式、先進国株式、新興国株式、国内債券、先進国債券、新興国債券、国内リート、先進国リートとなっており、各々12.5%ずつ投資する方針です。

原則、為替ヘッジはなし。

信託報酬率は年率0.143%以内(税込・年率)とこれまた低い。

運用資産はすでに2300億円を超えており、メジャーなファンドだといえるでしょう。

ひとまず唾つけときます。

同じ投資対象なのにリターンが違う


次なる候補は、以下です。

・たわらノーロード バランス(8資産均等型)

上記と同じく8資産均等。投資対象資産もまったく同じです。

信託報酬も0.143%以内と同じであり、お互いを意識し合う競合商品であることがわかります。

運用会社はアセットマネジメントOne。

気になるのはパフォーマンスの差です。

以下はeMAXISの期間別トータルリターンです。

1ヶ月 -2.26%
3ヶ月 -3.35%
6ヶ月 +4.45%
1年 +5.12%
2年 +2.54%
3年 +9.84%
5年 +6.80%

そして次はたわらのトータルリターンです。

1ヶ月 -2.50%
3ヶ月 -3.44%
6ヶ月 +3.79%
1年 +3.85%
2年 +1.06%
3年 +8.58%
5年 +6.40%

どの期間をとっても、eMAXISのほうが若干高い。こうなるとファンドとして、eMAXISのほうが優れているとしか思えません。

この時点でたわらシリーズへの興味は無くなってしまいました。

これに決定!


その他もいろいろなバランスファンドをざっと見してみましたが、どんぐりの背比べといったところであり、これといってeMAXIS Slim バランス(8資産均等型)の魅力を上回るファンドは見当たりませんでした。

そんなわけで、来年からのつみたて投資枠での投資先はeMAXIS Slim バランス(8資産均等型)で決まり!

こんな簡単に決めていいのってご意見もあるかもしれませんがこれでいいのだっ!!

関連記事


新NISA、その活用法を改めて考えてみる。非課税メリットの最大化
日本には金太郎飴のような運用会社ばかりがある理由
隙あらば金儲けの種を探す金融業界。新NISAも大いに利用される
年齢によって新NISAの使い方は大きく異なる。新NISA年齢別活用法
金融庁、運用会社に注文を付ける。2023事務年度金融行政方針
新NISA、2019年の一般NISA投資分をどうするかは大きな考えどころ
新NISA、金融機関選びの結果で対応が異なってくるので注意

↓↓応援クリックお願いします↓↓

にほんブログ村

50歳からやってはいけないお金のこと (PHPビジネス新書) [ 大江 英樹 ]

価格:1100円
(2023/11/25 22:43時点)






関連記事

コメント

非公開コメント