新NISA開始で株式市場は材料出尽くし。そして株価下落というシナリオ

株価

日本株の堅調が続いています。

日本株が強い要因として挙げられるのが、米連邦準備理事会(FRB)による利上げの終了観測と米長期金利の低下です。

この要因により海外の投資家が日本株を積極的に買っています。利上げが打ち止めとなり、利下げとなれば日米の金利差は縮小します。

まして今、日本は金融緩和からの脱却が取りざたされており、円高に振れる可能性は十分。

海外の投資家は、円高になれば、株価がたとえ動かなくでも為替で儲けることができる。株高となれば一石二鳥です。

そして来年からは新NISAで株式の需給関係もよくなるはず。株価は前途洋々にも思えます。

しかし、本当にそうなのでしょうか。






資金は新興株にも


堅調なのは大型株だけではありません。

2023年11月に入り、長い間低迷していた新興株にも資金が回ってきました。

以下は東証グロース市場指数(旧マザース指数)の推移です。

20231129growth.jpg

株式市場のランダムウォーク


さらに市場の期待を集めているのが、2024年から始まる新NISAです。

新NISAで新たな投資家、新たな資金の株式市場への流入が予想できるわけですから、株価はさらに上昇するのではないかとの期待が膨らみます。

しかし、本当にそうなのでしょうか?

株式市場は先を読みながら動きます。来年株価が上がると考える人が多くなれば、今上がってしまうのが市場ってもんです。

それでは、現行のNISAが導入された2018年前後の株価推移を見てみることにしましょう。


タートル流投資の魔術 伝説のトレーダー集団 [ カーティス・M.フェイス ]

価格:1870円
(2023/11/29 20:51時点)



現行NISA導入前後の株価


現行のNISAが始まったのは2018年からです。

そして、株価はその1年半前から上昇に転じました。

20231129nisa.jpg

もちろん、NISAだけが株価を動かしているのではないのですから、他の要因による株価推移であり、たまたまの偶然である可能性が高いとは思います。

とはいえ、今回も1年前から株価はかなり上昇しており、前回と値動きが似ているようにも見えます。

2024年、2025年のシナリオ


株は噂で買ってニュースで売るなんて言われます。

NISAになぞらえれば、期待で買って現実で売るといったところでしょうか。

前回の株価推移から勝手な予想をすれば、2024年の株価は伸び悩み、2025年に下落すると推測します。

2024年の新NISA導入に過度な期待は禁物だと思えてならないのです。

↓↓応援クリックお願いします↓↓

にほんブログ村

トレンドフォロー大全 上げ相場でも下げ相場でもブラックスワン相場でも利益 [ マイケル・W.コベル ]

価格:8580円
(2023/11/29 20:48時点)






関連記事

コメント

非公開コメント