油断も隙もなし。本物と見分けがつかずにフィッシング詐欺増加中

キーボード

国際的なフィッシング詐欺が増加の一途を辿っています。

あるメガバンクでは、偽のサイトが100件もインターネットには散らばっているのです。

一昔前ですと、偽のサイトは不自然な日本語があったりして、どうも怪しいと気がつくようなケースが多かったわけですが、昨今ではURL以外は本物とまったく区別がつかないほどレベルが上がっています。

フィッシング詐欺に合わないためにはどうしたらよいのでしょうか。






フィッシング詐欺激増中


2022年に見つかった偽サイトは30万件以上に達し、5年前の40倍にもなっています。

以下のグラフを見ればわかるように、フィッシング詐欺は2020年以降急増しています。(2022年は9月末までの数値です。)

20231231sagi.jpg
(出所:経済産業省)

偽のサイトに誘導するのに使われるのがショートメッセージ(SMS)や電子メールです。これらに偽サイトのURLを掲載し、クリックさせて偽サイトへ誘導するわけです。

そして盗み出すのが、ネットバンキングのIDやパスワード、クレジットカードの情報などです。

盗まれたら最後、犯罪者の行動は早く、1時間も経たないうちに口座から資金は引き出され、暗号資産などに換えられたりします。その後、資金は転々とロンダリングされて海外で現金化され、犯罪者の手元に届くといった複雑な仕組みとなっています。

ネットバンキングの不正送金被害は、2023年11月末時点で過去最悪となっており、80億円を超える被害額となっています。

犯罪者を捕えるのは困難


犯罪者の摘発は容易ではありません。

国際的な分業体制が整っており、主犯は多くの場合、海外にいます。

偽サイトの開発者、メールの配信役そして指示役などに分かれており、それぞれが秘匿性の高いSNSでつながり、お互いがお互いの情報を知らないといった間柄なのです。

日本国内で捕まるのは使い走りに過ぎず、本丸の逮捕にはなかなか至らないのが現状です。

パスワード管理帳 パスワード 管理 便利 ノート パスワードノート エンディングノート パスワードノート Password セキュリティー 対策 グッズ ミニ ノート パスワード メモ 保存 保管 パスワードの使いまわし 終活 安心 安全 a1

価格:1100円
(2023/12/31 01:19時点)



フィッシング詐欺被害防止法


ではどうしたらフィッシング詐欺の被害を逃れることができるのでしょうか。

極めて基本的ではありますが、以下のような注意や対策が有効です。

・電子メールやSMS内のリンクはクリックしない
・OSやアプリ、ソフトウェアのアップデートを行い、端末を安全な状態に保つ
・ワンタイムパスワードなどを活用する
・IDパスワードの使いまわしはしない
・公式サイトをお気に入りに登録しておく

インターネットは便利ではありますが、油断は禁物の怪しげな世界でもあります。

関連記事


クレジットカードの不正利用が急増中。とりわけ気をつけるべきサイトは?
キーボードの音でパスワードが解読される音響サイドチャネル攻撃の恐怖
いずれこの世はパスワードのない世界へ。パスワード管理からの解放
クッキー情報が売られ、サイバー攻撃に利用されるという恐怖
パスワード突破技術の進化がインターネット社会を委縮させる
メジャーなEコマースサイトしか怖くて利用できない。クレジットカード漏洩リスク
ネットバンキング不正送金が急増中。二段階認証も突破・・・

↓↓応援クリックお願いします↓↓

にほんブログ村



急増中のネット詐欺対策◎3年3台版◎詐欺サイトを見破り警告!簡単◎安心◎詐欺対策◎詐欺ウォール / Internet SagiWall インターネット 検知エンジン パソコン Mac スマートフォン タブレット 保護 ワンクリック詐欺 フィッシング詐欺 偽警告 偽通販サイトをブロック 遮断

価格:3950円
(2023/12/31 01:16時点)


関連記事

コメント

非公開コメント