マグロ価格を見れば株価が予測できる!?初競り価格と日経平均の連動性

マグロ

毎年恒例のマグロの初競り。

毎度毎度その値段が興味深く報道されるわけですが、2024年の初競り価格はすこぶる好調だったとのことです。

ちなみにその値段は、1億1424万円也。なんと昨年(2023年)の3倍以上になりました。

ところで、このマグロの初競り価格が、日経平均の動きと相関があるという話があります。実際のところどうなのでしょうか・・・?






マグロ価格と株価の連動性


2024年1月5日に東京の豊洲市場で行われた初競りで、青森県大間産のクロマグロが1匹1億1424万円で競り落とされました。

史上最高値(2019年の3億3360万円)には遠く及ばないものの、1億円を超えるのは2020年以来4年振りだとのことです。

ところで、この一番マグロの1キログラム当たりの価格とその年の日経平均の騰落率には連動性が見られるとのことです。

しかし、本当なのでしょうか?疑り深い小生としてはちょっと確かめたくもなるってものなのです。

マグロ価格で株価が予測可能!?


2013年は特にこの傾向が顕著に見られたといいます。

2013年は初競り価格が1億5540万円であり、前年の5649万円から約3倍に跳ね上がりました。

そしてこの年、日経平均は10604円から16291円にまで上昇したのでした。

興味をそそる点は、初競り価格の動向が、株価の先行指標になっていると見られる点でしょう。

投資家としては、株価の遅行指標にはあまり興味が湧きません。株価を先取りする先行指標でなければ、実際の投資には何の役にも立たないからです。

イベントドリブントレード入門 価格変動の要因分析から導く出口戦略 [ 羽根英樹 ]

価格:2200円
(2024/1/6 23:23時点)



実態調査の結果


マグロの初競り価格が前年と比べてどうなったか、そしてその年の日経平均の騰落をまとめたのが以下の表です。(マグロのサイズは考慮しておりませんのであしからず)

20240106maguro.jpg

例外もあるっていえばありますが、確かにマグロが大きく値上がりした年は、日経平均も大きく値上がりしていることに気付きます。

確かに2つのグラフを見比べてみると、形状が似てるっていえば似てなくもありません。

20240106maguro2.jpg

このアノマリーが今年も当てはまるとすれば、日経平均が4万円に近づいていく年になる可能性が高いといえるのではないでしょうか。

相関係数はどうか


ちなみに、2012年から2023年までのマグロ初競り価格の前年比と日経平均の年間騰落の相関係数は0.292となりました。

相関はあるとはいえ、ごくごく弱い相関にとどまっており、参考程度にとどめておく程度の話であろうとは思います。

(参考)相関係数の目安
±0.7~1.0:かなり強い相関あり
±0.4~0.7:やや相関あり
±0.2~0.4:弱い相関あり
±0.0~0.2:ほとんど相関なし


↓↓応援クリックお願いします↓↓

にほんブログ村



裁量トレーダーの心得(スイングトレード編) 押しや戻りで仕掛ける高勝率戦略の奥義 (ウィザードブックシリーズ) [ デーブ・S.ランドリー ]

価格:5280円
(2024/1/6 23:25時点)



関連記事

コメント

非公開コメント