中国人が日本株を爆買い中。中国株から日本株へのシフト進む

上海

アメリカに次ぐ経済大国となった中国ですが、昨今の中国経済は停滞が著しい。

それを如実に物語るのは株価の不振です。

自国の株式市場に愛想を尽かした中国人投資家の多くが日本株に投資し、日本株ブームが起きているのだとか・・・。

いったい何が起きているのでしょうか。






2100年の人口はインドが中国の2倍に


リーマンショック後に世界経済を牽引したのは間違いなく中国でした。

世界各国が財政支出をためらう中、果敢に投資を行いました。しかし、今になってみればそれは、いささか過剰に過ぎたようです。

中国の人口は予想を上回るスピードで高齢化し、人口も減少に転じました。

以下は、中国とインドの人口推移です。

20240210jinko.jpg
(出所:社会実情データ図録)

2100年にはインドの人口が中国の2倍になると予想されています。

昨今のインド株の人気と中国株の不人気は、これも一要因であろうと思われます。

中国株とインド株


中国経済の不振を象徴するのが、中国株の動きです。

20240210china.jpg

一方、インド株の動きはすこぶる好調です。

20240210india.jpg

(関連記事)
インド株投信が大人気。時代は中国からインドへ!?

中国経済崩壊宣言! 断末魔の数字が証明する [ 石平 ]

価格:1760円
(2024/2/10 23:31時点)



中国株を見限り日本株へ


中国企業の収益力が落ちています。

自己資本利益率(ROE)は、2011年は12%を超えていたのに、2022年には8%まで落ちてきています。

その結果、株価が冴えないというわけ。

中国政府は株価の維持に躍起ですが、出てくる対策といえば空売り規制などの対処療法が中心であり、一昔前の日本にそっくりなのです。これでは真の対策とは言い難い・・・。

背に腹は代えられないのと同じように、自国の株が安ければ他国の株式市場に投資する。これは中国人も同じようです。

そして、中国人が中国株の代わりに投資しているのが日本株だというのです。中国で日本株ブームが起きているのです。

20240210japan.jpg

最後に


中国人が好む銘柄はどんなものなのでしょうか。

隣の芝生は青く見えるというのは株式投資にもあてはまるようであり、人気があるのは中国にはない技術やビジネス分野のようです。

年初から爆上げしている銘柄は中国人好みの銘柄である可能性が高い。

そして、日経平均のバブル超えが着々と近づいてきています。

関連記事


先進国株と新興国株、どっちが儲かるのか?
日本株と中国株は好対照。そして中国は言論統制の厳格化へ
中国からのステルス脱出が加速。そしてインド、ベトナムへ
中国株売却資金が日本株に流入。吉と出るか凶と出るか

↓↓応援クリックお願いします↓↓

にほんブログ村



スパイ [ 坂東忠信 ]

価格:1760円
(2024/2/10 23:34時点)


関連記事

コメント

非公開コメント