GDPと株価にはどんな関係が?無関係なのかそれとも・・・

チャート

日経平均がバブルの高値を更新!

こんなにも早くこんな日が来ようとは、デフレ脳に侵されたバブル後世代組としては予想だにしていなかったというのが本音です。

それにしても、岸田由紀夫いや文雄氏が、日本経済が動き出していて、市場の評価は心強いなどとあたかも自分の手柄のような発言をしているのにはなぜか無性に腹が立つのであります。

そもそも実体経済と株価の間には関連性があるのは理解できますが、一方で株価が100%実体経済の状況を示しているはずもない。

そこで、国の経済規模を表すGDPと株価はどんな関係にあるのか知らべてみたくなったのでした。






GDPと株価の動き


以下は、1980年の日本の名目GDP、年末の株価を100としたときのその後の動きを示したものです。

20240223GDPkabuka.jpg

バブル崩壊がGDPの低迷を招いたことがよくわかります。

バブル崩壊があまりにも強烈であり、GDPと株価の動きの相関がよくわからないような状態です。

その相関関係


傾向をわかりやすく捉えるために株価の近似曲線を加えると以下のようになります。

20240223GDPkabuka2.jpg

緩やかな右肩上がりの線が浮かび上がりました。

短期的には大きな浮き沈みを繰り返す株価ですが、長期的な傾向はGDPの動きに合わせて動いているように見えます。ちなみにGDPと株価の相関関係は0.309。

正の相関関係にありますが、弱いレベルであるといわざるを得ず、GDPと株価が必ずしも同じ動きをするようではなさそうです。

(相関係数の目安)
±0.7~1.0:かなり強い相関蟻
±0.4~0.7:やや相関あり
±0.2~0.4:弱い相関あり
±0.0~0.2:ほとんど相関なし

「日経平均10万円」時代が来る! [ 藤野英人 ]

価格:1650円
(2024/2/23 18:30時点)



脅威の相関を示すアメリカ


アメリカはどうなのでしょうか。

日本と同じように1980年からの動きを調べてみました。

20240223US.jpg

43年でGDPは10倍に増えていますが、株価はなんと40倍近く跳ね上がっています。

参考までに近似曲線を加えてみますと以下のようになります。

20240223US2.jpg

日本と比べるとかなり傾きの角度のある右肩上がりとなりました。GDPの増加に合わせ、株価も上昇していることがわかります。

驚くのはその相関係数。なんと0.958!

強い相関関係にあり、ほとんど同じ動きをしていると言ってよいレベルです。

最後に


日本とアメリカの動きがこうも違うのは、やはり日本にはバブル崩壊があったからだと考えるのが自然だと思います。

日本の株価は今後も上がり続けるのか?

もはや日本株に割安感はありません。となれば今後の日本株の水準は、経済成長率と企業業績に大きく依存することになるはず。

そして、GDPと株価の相関係数は上昇していくものと思われます。

↓↓応援クリックお願いします↓↓

にほんブログ村



暴落ドミノ 今すぐ資産はこう守れ! [ 澤上 篤人 ]

価格:1705円
(2024/2/23 18:33時点)


関連記事

コメント

非公開コメント

この様な書き込み大変失礼致します

日本も当事国となる台湾有事を前に 日本の国防を妨げる国内の反日の危険性が共有される事を願い書込ませて頂きます。

今や報道は無法国の代弁者となり、日本の国益は悪に印象操作、反日帰化の多い野党や中韓の悪事は報じない自由で日本人の知る権利を阻む異常な状態です。

世論誘導が生んだ民主党政権、中韓を利す為の超円高誘導で日本企業や経済は衰退する中、技術を韓国に渡さぬJAXAを恫喝し予算削減、3万もの機密漏洩など数知れぬ韓国への利益誘導の為に働きました。

メディアに踊らされあの反日政権を生み、当時の売国法や“身を切る改革”に未だ後遺症を残している事、今も隣国上げや文化破壊等、

日本弱体と利益誘導に励む勢力に二度と国を売らぬ様、各党の方向性を見極め、改憲始め国の強化と成長が重要な事、
ですが必要なのは、日本人として誇りを取り戻し、世界一長く続く自国を守る意識だと多くの方に伝わる事を願います。