危なげな円安。いつまで続くのか・・・

chess-2730034__340.jpg



アメリカ景気の強さを受けた金利上昇で、ドル高が続いています。アメリカの長期金利は3%を超え、7年ぶりの高水準に達しています。

しかし、FRBは利上げを2020年で打ち止めとするつもりのようです。

現状、アメリカは減税効果や米中貿易戦争を有利に進めており、目先の経済は非常に好調ですが、金利上昇が続けば景気に冷や水を浴びせかねないからです。

また、トランプ大統領の政策は短期的にはアメリカを強くしますが、長期的には競争力を落とし衰退を招きかねないと思います。IMFも世界経済の成長見通しを下方修正しました。

アメリカの金利上昇は早ければ来年には打ち止めとなる可能性もあり、ひとたび金利上昇が止まれば、今後は金利引き下げに動く可能性も否定できません。FRBは非常に機動的に金融政策を行うため、動きが早いです。

そうなれば、今度はドル安の流れとなりかねず、相対的に円高が進むこととなります。

今後、1,2年先を考えると今は外債投資は控える局面ではないかと考えられます。

株も高値水準で危なげな気配が漂ってきましたし、外債もダメ、不動産も怪しくなってきたとしたら、いったい何に投資したらいいのでしょうか。

仮想通貨?。それはもっと危ないということで、今は割安になってきた成長株を徐々に仕込む時期ではないかと考えております。

テンバガーを探す金鉱探しです。

【関連記事】 購買力平価から考える適正な為替水準

Mr.テンバガー朝香のインド 親日アジアで化ける日本株100 [ 朝香 友博 ]

価格:1,620円
(2018/10/13 00:47時点)
感想(2件)



テンバガーを探せ!10倍儲かる低位株投資術 [ 鮎川健 ]

価格:1,728円
(2018/10/13 00:48時点)
感想(5件)




関連記事

コメント

非公開コメント