消費税増税対策のウルトラC(高橋洋一さん案)

accounting-3190208__340.jpg



来年10月には消費税が8%から10%へアップすることが固まりつつあります。

リーマンショックばりの世界経済の混乱が起こらない限り実施するのでしょうね。

インターネット放送、チャンネル桜の番組で消費税を話題として3時間の侃侃諤諤の討論が行われていました。

消費税のアップは日本経済を痛めつけることになるだろうという方向で議論は一貫していました。

その中で元大蔵官僚で経済学者の高橋洋一先生が面白いことを言っていました。(高橋さんってホント天才だと思います。)

誰もが満足する方法。それは消費税を10%に増税すること。

だがしかーし、全品目について軽減税率8%を適用することにする。

まあ、詭弁というかトリックみたいなものですが、これって案外実現しそうな気がします。

財務省の顔を100%はつぶさず(まあ激怒するでしょうが)、消費の落ち込みを防ぎます。

また、イートインだと10%で持ち帰りだと8%などという現場での混乱もとりあえず避けることができます。

来年は御世代わりで元号も変わる、記念すべき年です。

そんな年を消費税アップによる景気落ち込みで暗い年にしたくないというのは国民全体の願いでしょう。

来年は参院選もあり、安部政権としては支持率を落としたくないのが本音です。選挙に負ければ、悲願である憲法改正も不可能になってしまいます。

この方法で決まり、ということでどうでしょうか。

インフレ目標が達成したら、少しずつ軽減税率不適用の品目を選択していけばよいと思います。

PS

新聞は消費税アップについて、表立って反対はしない。なぜなら新聞は軽減税率の対象になっているから。

財務省とのバータ取引でつるんでいるのではないかとの推測してしまうのは考えすぎってもんでしょうか・・・。

【関連記事】
・働き方改革の影響と消費税増税のダブルパンチ
・財政破綻論と消費税増税
・消費税増税と軽減税率導入の是非
・消費税増税まであと1年ちょっと
・実質賃金減で消費者の財布の紐が緩まない
・消費税増税と株価

日本を救う最強の経済論 [ 高橋 洋一 ]

価格:1,512円
(2018/10/22 19:42時点)
感想(0件)




関連記事

コメント

非公開コメント