民法改正(法定利率)

現行民法では、利息について特約がない場合の法定利率は年5%の固定制となっています。しかし、バブル崩壊後の長引く低金利、とりわけ昨今の超低金利下では、年5%というのはいささか時代錯誤ですね。また、金利は生き物ですので固定制にすると、いずれまた変えなくてはならなくなるでしょう。

そこで、改正民法では、利息についての特約がない場合、改正当初3年間は年3%とし、3年ごとに変動する変動利率制になります。

3年ごとに変動利率は、過去5年分の毎月の短期貸付金の平均利率を合計し、60で割って計算するそうです。そして、さらにその利率を直近3年の利率と比較してその差が1%以上になると利率が変動することになるとのことです。

これで将来の金利が上がっても、実勢に即した変更がなされるというわけですね。

私は法律家でないため、上記内容の正確性について保証できません。


民法改正を考える (岩波新書) [ 大村敦志 ]








関連記事

コメント

非公開コメント