グーグルアドセンスの審査は見事に不合格

オフィス



やっぱり駄目でありました。

グーグルの詳しい審査ポリシーも知らずに応募したのですから。

残念といえば残念、納得といえば納得です。

審査を申し込んだのが年末ころだったから、回答まで10日くらいでしょうか。

お正月休みを考えれば、迅速な回答をいただいたのではと思っています。

審査に通らなかった要因はグーグルアドセンスにログインするとだいたいのところは示唆してくれていると思います。

しかし、あくまで示唆であって明確な数値基準とかがあるわけでもないのでどの程度改善すれば良いのかはよくわかりません。

私めの場合は、広告の貼り過ぎが要因ではないかとも思えますが、一方で価値のないコンテンツであるともとらえられる示唆もあり、要因を断言することはできません。

その他、プライバシーポリシーがなかったことなども考えられますし、内容によっては誹謗中傷と見なされたものがあったのかもしれません。文字数が足りないとかの要因も考えられます。また、株式投資がギャンブルと見なされてしまえばはなから無理ということにもなります。

広告は外せばいいので対応ははっきりしていますが、例えば価値のないコンテンツと見なされたのであれば、改善はかなり難しい。同じ人間が書いているのですから・・・。

文字数がどれほど影響を与えるのかもわかりませんが、文字数クリアのためにブログを書くというのもこれまたおかしな話に思えるので、あまり気にしないようにしたいです。

短くても済んでしまう話もあれば、内容によっては長くなる場合もあるでしょう。仕事が忙しいときはそんなに時間をかけられませんし。

また、政府批判などもアドセンスのためにできなくなってしまっては本末転倒ですから、そこまで精神を売る気にもなれません。

まあ、改善して再度審査を申請することもできるようですので、もう一度はチャレンジしたいと思います。

そこで、気をつけなければいけない点をいろんな方のブログを調べて備忘録的にまとめておきます。

■禁止されているコンテンツについて

常識的にアダルトや違法なものが駄目なことはわかりますので、特に注意しなければならないのは

・他人や特定の集団を誹謗中傷したり、攻撃してはいけない

・人種や民族や国、宗教などによる差別をしてはいけない。

■プライバシーポリシーについて

クッキーやらいろんな技術が使われているのでしょうが、素人の私にはよくわかりません。

そもそも顧客情報をいただくわけでもないので、プライバシーを守るという概念自体が発生しませんのでイメージが湧かないです。

雛形がWEBに公開されているのでそれを参考にして作ればよさそう。しかし、どこにどう貼ればよいのか?

WEB構築の知識がほとんどない自分にとってはこれすら結構なハードルではあります。

■その他

・広告の表記は『広告』か『スポンサーリンク』のみにしなければいけないらしい。自分はADとしていたので改めなければいけません。しかし、そもそも論として広告を全部無くさねばならないのか、数を減らせばいいのかはっきりわかりません。

本文中の広告を外せばいいかなと考えています。

それにしても記事の数も300以上あるし、広告外す作業に膨大な労力がかかりそうです。それでまた落ちたらかなりショックを受けるでしょう・・・。

アフィリエイトはいいのではという説もありましたので、そっちのほうは数を減らせばいいかなと思います。

・ワードプレスで作らねば駄目みたいな情報もありましたが、にわかには信じられません。そんなことをいったら、グーグルにとってもリスクになると思いますし。いまさらワードプレスで作り変える気力はないし、そこまでは求められていないと信じます。

・文字数が1,000文字以上とか1,500文字以上とかさまざまな情報が飛びかっていますが、せっかく書いた1,000文字以下のブログを削除する気にはなれません。文字数はあくまで結果でしかないということで。あまり気にしないようにします。

・審査に落ちたらすぐに再申請してはいけないようです。最低でも2週間程度は空けたほうがよいようです。自分の場合はやることがかなり多くなるので、どのみち2週間以内なんて無理な話。2か月以内を目標にこつこつとやっていくことにします。

そんなこんなで今回は長くなってしまった。ちなみにこれで文字数は1,700文字強。この記事で合格とさせてくださいまし。よろしくお願いします。

最短で収益を得るためのGoogleアドセンス攻略ガイドブック [ 古川英宏 ]

価格:1,814円
(2019/1/12 22:30時点)
感想(0件)




関連記事

コメント

非公開コメント