超節約術(髪は自分でカットしてみよう)

床屋



髪の毛は放っておいても伸びてしまいます(生えていれば)。残念ながら?小生まだ髪の毛が残っております。白いものが目立ち始めてはおりますが。

髪は伸ばしっぱなしにしておくと見苦しいので、定期的にカットしなければなりません。

どこでカットするか?

QBハウスなど短い時間で安くカットしてくれるサービスを利用する人も多いでしょう。わずか1,200円で済みますし、待ち時間が無ければ時間も短くて済みます。

しかし、もっと安くて手軽にカットできます。

セルフサービス!小生が使っているのは以下のようなものです。

テスコム スキカット 電気バリカン ホワイト TC316-W(1台)【テスコム】

価格:1,890円
(2019/4/14 15:48時点)



アタッチメントが付いていて、長さを指定できるため、切り過ぎることはありません。安心してジャリジャリと刈っていけます。

前頭部から頭頂部にかけては4センチ、サイドは3センチ、襟足や耳元などは2センチなどとアタッチメントを変えていけば大丈夫なのです。

欠点としては、襟足や耳元をかみそりで綺麗に整えられないことと、切った髪の毛の掃除が面倒、というくらいです。

おしゃれにこだわらなければ全く問題ございません。ましてや、子どもの坊主頭などは床屋さんへ行くほうが馬鹿らしいというものです。

普通の床屋さんへ、月に一度行っていれば年間では4万円くらいにはなるでしょう。その分を積立投資にでも回せば長い目で見て大きな差となることは間違いなしです。

おしゃれにこだわらなければ一度試してみる価値はあると思いますよ。


関連記事

コメント

非公開コメント