超節約術(オフィスソフトなどマイクロソフトでなくてOK!)

オフィス



オフィスワークをする人にとって、ワードやエクセルは必須のツールでしょう。場合によっては、パワーポイントやアクセスまで必要になるかもしれません。

自宅でもせめて、ワードとエクセルくらいは必需品のソフトといえるでしょう。しかし、マイクロソフトのワードとエクセルは結構高い。使いもしないアウトルックが入っていて、パッケージ版で3万円近くもします。

家はオフィスソフトを使う機会などめったにないし、いかにも無駄なコスト。そこで、考えられるのが、マイクロソフト以外のオフィスソフト。

機能はほとんど変わることなく、そのコストは5分の1から10分の1程度で済みます。

マイクロソフトのMOSなどの検定試験を受けるのでなければこれで日常使用は十分です。個人的には、ソフトによって、エクセルのマクロ機能が使えなかったりするのが唯一残念な点です。

もっとも、家でマクロ機能など使うことなどまずないっていうのが本当のところなのですが。それではいくつか紹介してみたいと思います。

キングソフト:WPS Office Personal Edition

キングソフト社が提供する中国製のオフィスソフト。ワープロ(Writer)と表計算(Spreadsheets)が使用できるPersonal Editionであればが約3,000円前後で売られています。

操作性はマイクロソフト社のものとあまり変わらず、違和感を感じずに操作することができます。Microsoft Office 2007以降の保存ファイル形式の読込・保存にも対応しており、互換性が保たれるため、メールの送り先がマイクロソフト社のオフィスソフトでも問題ありません。

個人的にはキングソフトWriter2013とSpreadsheets2013を使用していますが、普通に利用でき、支障を感じることはありません。キングソフト版のパワー・ポイント、Presentationもインストールされていますが、自宅で使ったのはせいぜい1回くらいでしょうか。無くても支障がないソフトです。

2013はエクセルのマクロ機能はなかったのですが、WPSのチラシを見ると一部上位機種にはVBA・マクロ機能が搭載されているようです。

ソースネクスト社(Thinkfree Office)

キングソフト社同様、Microsoft Officeに対応し、高い互換性を持つ韓国製のオフィスソフトです。ワープロソフト、表計算ソフトに加え、プレゼンテーションソフトまでついて4,000円前後と格安です。最新版は表計算ソフトにマクロ機能もついているようで、ほぼマイクロソフトにひけを取らないといえると思います。

個人的に使用したことがないので操作性は不明です。

E-FRONTIER社(EIOffice)

こちらはワープロソフト、表計算ソフトにプレゼンテーションソフトまでついて2,500円程度と破格のお値段。中国製です。お値段が安いのはちょっとマイナーなメーカーだからでしょうか。

明らかに劣っている点として、docx、xlsxの拡張子では読取、変更はできますが、保存ができないということが挙げられます。上記の2つは可能なのですが、なぜかEIOfficeは対応していません。この辺りが低価格の要因かもしれません。

こちらも個人的に使用したことがないので操作性は不明です。

ジャングル社(Polaris Office)

全世界で9億台以上のインストール実績がある 総合Office ソフトです。日本では(株)ジャングルが販売しています。

ワープロ、表計算、プレゼンソフトがセットになっており、価格は4,000円ちょっと。ソフトの開発は韓国の会社が行っているようです。

こちらも個人的に使用したことがないので操作性は不明です。


初めて、オフィスソフトを使う人はそれなりに勉強しなければならないので、参考図書が揃っているマイクロソフト社のオフィスの導入が必要だと思いますが、ある程度、操作に慣れた人であれば、廉価版のオフィスソフトでも使いこなすことが可能だと思います。実際私がそうです。

会社ではマイクロソフト、家ではキングソフト(ノーパソはマイクロソフトですが)と使い分けていますが全く不便を感じません。

試験を受けたり、家でも会社と同じ環境を使用したい、どうしてもマイクロソフトにこだわるといった人でなければ、サードパーティのオフィスソフトで十分ではないでしょうか。

一銭も払いたくないというかたには無料のオフィスソフトもあります。私の場合、たまたま有料のものが無料で手に入ったので、それを使っていますが、どうしてもタダ!という人には以下のようなソフトもあります。

・OpenOffice

一番有名ではなかろうか。しかし、今は更新されなくなてしまいました。

・LibreOffice

OpenOfficeを開発していた元メンバーが開発に加わり、現役で更新されています。なんとアクセスに相当するデータベースソフトまで無料で提供されています。

無駄にお金は使わず、余ったお金は投資や遊びなどで有意義に使いましょう。

実務で使えるLibreOffice NPO法人OpenOffice.org日本ユーザー [ 鎌滝雅久 ]

価格:3,024円
(2019/5/10 19:45時点)
感想(3件)




関連記事

コメント

非公開コメント