超節約術(パソコンは中古でも十分満足)

オフィス



本ブログを更新しておりますデスクトップパソコンはWindows7。

そしてWindows7の公式サポート期限が2020年1月までと迫ってきています。まだまだ動くというのに本当に迷惑な話です。

個人的にはWindowsXPが一番使いやすかった。

安定感もあったし、操作性もよかった。それが、Vistaになって急に操作性が変わり、操作に熟練するまでに時間がかかるようになりました。単に年齢的な要素が大きいのだろうとは思いますが。

かといって、サポートが終わってしまえば、セキュリティパッチがなされなくなるため、安全上の脅威にさらされてしまいます。

パソコンはいまや、金融機関の支店状態でもありますから、しっかりと鍵をかけて、よからぬ侵入者を排除しなければなりません。というわけで、デスクトップPCも来年1月までに買い替えざるをえません。

パソコンも安くなったとはいえ、一介のサラリーマンにとっては安い買い物ではありません。そこで、選択肢として上がるのは中古パソコン。今、使用しているパソコンも実は中古パソコンなのです。

楽天で約5年前に買ったのですが、その当時の価格を見るとなんと1万円くらい。

ずいぶん安い買い物をしたものですが、一回も故障したことはありません。メモリーが2Gなので少々遅いのが玉に瑕といったところです。

次も、ネット通販の中古パソコンを購入しようと考えています。

条件は3つ。

・メモリーは8G以上

やはり、メモリーはある程度余裕がないと動きが遅くなるので、ここは譲れないところです。

・DVD書き込み可能

読み取り専用だと、いざというときに困ってしまうからです。

・オフィスソフトが付属していること

マイクロソフトでなくてもいいので、ワープロソフトと表計算ソフトがついていること。

その他は特に贅沢はいいません。HDDは500GBくらいあれば十分です。そんなにハードユーザーではありませんから。今のパソコンでも50GBくらいしか使っていないんです。さすがにWindows10だとOS自体が大きいのでそういうわけにはいかないとは思います。

もっとも重要なのは耐久性。無事これ名馬といいます。

故障しないで、長く使えること、これが一番大事です。中古でもいいものは中古をうまく活用。これが、節約のコツではないでしょうか。

【関連記事】 ウィンドウズ7サポート終了間近





関連記事

コメント

非公開コメント