辞めてくれてありがとう。政治家、渡邉美樹氏

パンチ



『警鐘「このままでは日本はつぶれる」』のだそうです。そして「国の財政も企業と同じ」なのだそうです。

最近、政治家を辞めたワタミの創業者、渡邉美樹氏の著書に書かれていたのです。そして口をあんぐりして驚いてしまったのです。



渡邉美樹氏の著書に書かれていたこと


(立ち読みなので記憶の一部分です。)

ふらっと本屋に立ち寄ったら、渡邉美樹氏の新刊が並んでいたので手に取ったら驚くばかりに愚かしい内容が書きたてられていたのです。そして、それを帯でテリー伊藤氏が賞賛していたのです。

先日、ユニクロの柳井氏の発言にびっくりしてブログに書き、渡邉氏のことにも想像で触れていたのが現実だったのですから個人的に大いにびっくりしました。

【関連記事】会社の経営と国の政治は全く別物。経営者が政治に関わる危険

政治家を辞めてくれてありがとう


あなたが辞めてくれたおかげで日本がつぶれる可能性が少なくなったことは間違いないでしょうから心から感謝いたします。あなたのような人が政治家を続けていたら本当に日本はつぶれてしまいかねません。

日本がつぶれると危機感を煽れば煽るほど本当に日本がつぶれる。まさにこれが自己実現的予言なのです。

【関連記事】国家的かつ破滅的な「自己実現的予言」

国家運営と企業経営の違いもわからない!?


「国の財政も企業と同じ」・・・って。

どこが同じなんでしょうか。全然違うだろうって言いたいです。勘違いもはなはだしく、国家の役割をまるで理解していないようです。まったくもって政治家の器ではありませんでした。(個人的感想です)

それにしても、こんな発想の政治家が国会の多くを占めているであろうことは容易に想像がつくのであり、日本を本当につぶしそうな勢いなのですから悲観にくれるのであります。

経営者的発想の危険性(国家の役割を知らず)


柳井氏に比べたら、経営者としてもたいした成功はしていませんが、経営者的発想の政治家が大変危険であることは間違いないと確信したのです。(中には例外もあるかもしれませんので悪しからず。)

ホリエモンが政治家にならなくて良かった。もし、当選していたら日本が滅んでいたかもしれません。あれだけ株主に迷惑かけて、いまだにメディアにしれーと出てくる神経が私にはとても理解できません。

そして渡邉氏は国家財政が100兆円超えしたことを憂い、緊縮を説くのです。ポカーンです。日本をますます弱体化させるようなことを正々堂々と謳うのです。寝言は寝てから言ってほしい。

天下国家の役割が全然わかってない人が政治家をやっていたんですから日本がデフレから脱却できないのも当然といえば当然です。

ワタミに戻ってせいぜい経営者として頑張ってもらいたい。それにしても、かつて、ワタミの株で損したこともあってますます腹立たしさが増すのです。(ちなみにライブドアでも損しました。間抜けな経営者のせいで。そしてそれも見抜けなかった愚かな自分のせいで。)

個人的な想い


作家、高杉良氏の本に渡邉美樹氏をモデルとした小説(たしか『青年社長』とかいう)があり、尊敬していたときもあったのですが残念というか、裏切られたというか、自分がいかに愚かであったことか・・・と走馬灯のようにさまざまな想いがよぎるのです。そしてむなしさがこみ上げてくるのです。

こんな本を褒め称えるテリー伊藤氏も国家財政や国の役割が全くわかってないってことがよくわかりました。頼まれて書いただけかもしれませんのであくまで憶測ですが。

そして、こんなんじゃ日本の復活はまだまだ先になると失望の念に駆られるのです。まあ、お化け屋敷にでも入るつもりで読みたい人は勝手にどうぞ。

【関連記事】
正しいデフレ対策が行われないからデフレ脱却ができないのは当然
新自由主義(市場原理主義)がもたらす社会は・・・
デフレ継続の後には再起不能のインフレが待っている・・・
政府までもが合成の誤謬の罠に嵌ってどうする!

↓ おススメしません

警鐘 [ 渡邉美樹 ]

価格:1,430円
(2019/10/25 22:33時点)




↓ おススメです

目からウロコが落ちる 奇跡の経済教室【基礎知識編】 [ 中野剛志 ]

価格:1,760円
(2019/10/25 22:49時点)
感想(1件)



関連記事

コメント

非公開コメント