民法改正(詐害行為取消権の行使期間)

law-1063249__340.jpg



現行民法では、債権者の詐害行為取消権の行使可能期間は、債権者が取消の原因を知ったときから2年経つと時効により消滅します。また、行為時から20年を経過すると除斥期間にかかり権利が消滅します。

改正民法における変更点

改正民法では、現行民法における2年の消滅時効を2年の出訴期間に変更しました。

消滅時効と出訴期間とは一体何が違うのでしょうか。時効には中断という概念がありますが、出訴期間にはそういった概念がないことが相違点となります。

また、改正民法では前期除斥期間を20年から10年へと短縮することとしました。

私は法律家でないため、上記内容の正確性について保証できません。

図解入門ビジネス 最新民法改正の基本と勘所がよ~くわかる本 [ 萩原 勇 ]

価格:1,944円
(2019/9/14 11:31時点)




関連記事

コメント

非公開コメント