スズキのランチェスター戦略

traffic-jam-388924__340.jpg



スズキ(7269)の業績が好調です。2017年度の世界生産は2016年度に比べ、9%増の333万台。中でも特筆すべきはインド市場における競争力です。インドの乗用車市場でのスズキのシェアは5割にのぼります。また、その隣国パキスタンにおいても同様です。
株価も好調で、トヨタやホンダに比べて好パフォーマンスです。

ところで、ランチェスター戦略をご存知のかたも多いかとは思いますが、シンプルに考えると、弱者が強者に対抗するには、とにかく一点集中型の戦略を取るというものです。

スズキが意識的にランチェスター戦略を行っているかはわかりませんが、二つの意味で見事にランチェスター戦略が成功しているといえます。

一つは、小型車への特化です。フルラインアップを目指さず、小型車に経営資源を集中し、無駄な労力を省いています。
もう一つは、市場の特化です。前述のとおり、海外市場でも、とりわけインドに経営資源を集中し、成功しています。

昔、フォルクス・ワーゲンが中国市場の先駆けとなりましたが、投入した車種は一昔前のものでした。モデルチェンジも行わなかったため、徐々に他社にシェアを奪われていきました。

スズキはフォルクス・ワーゲンの轍を踏まぬよう、最新の車種を惜しみなくインド市場に投入しています。トヨタとも提携し、インド市場の成長と成熟に合わせて、徐々に大型車も投入していくことになるのでしょう。

いずれにせよ、インド経済の今後の発展は続きますので、それに合わせた成長を続けることができるかが今後のポイントとなりそうです。


ランチェスター戦略がマンガで3時間でマスターできる本 そうなのか! [ 田岡佳子 ]

関連記事

コメント

非公開コメント