コロナショック後、労働生産性向上により世界恐慌へ!?

地球



まったくのところ、空気が読めないというか、人の心を逆なでするというか、それに輪をかけ経済音痴丸出しであることを露呈したのが天下国家の財務大臣であるのですから救われません。

麻生財務大臣は2020年4月22日に、衆議院財務金融委員会で新型コロナウイルス感染拡大に伴うテレワークの拡大により生産性が上がる可能性があり、「禍を転じて福と為す」だと述べたといいます。



今それ言います?


確かにそういう一面があることは事実です。戦争により技術が革新的に進歩するのと同様、テレワークで人手不足になる中でも仕事をはかどらせるために創意工夫をしていきますから、労働生産性が向上する可能性は高いのでしょう。

でも一国の政治家、しかも大臣たる者がこの惨禍をチャンスに変えるって、このタイミングで言う神経がまったく理解できません。

日本はまだましとはいえ、ばたばたと人が亡くなっている渦中です。少しは空気ぐらい読んだらと言いたくなるのは私だけでしょうか。上から目線であり、老害の最たるものです。

経済への影響もわからない?


また、国会議員数も半分で済むとの議論が出る可能性があると指摘したといいます。

国会議員も感染拡大のため議員をA班とB班に分けて交代制としたことにも触れ、「それで(国会審議が)済めば、いいじゃないか、国会議員も半分にしたら、という話が出てくる」と指摘したそうな。

今、日本はデフレです。人気取りの発言は百歩譲って良しとしましょう。しかし、政治家も給料もらって働いているのですから、その人たちを一気に半分にしたらデフレ圧力がますます高まって皆が不幸になるってこともわからない経済音痴ぶりをさらけ出してしまいました。

「コロナは災害のようなものだが、これをうまく活用して生産性向上につなげたい」と話し、「報道ではコロナで被害を受けた企業の話題が多いが、(コロナで)ウハウハな企業も片一方にはある。併せて聞かないと判断を間違う」と付け加えたそうです。

ウハウハな企業?レアな話取り上げてどうすんのって話です。そんな企業めったにないはずです。すでに判断を間違えているとしか言いようがありません。

労働生産性向上で世界恐慌になる!?


ところで、労働生産性の向上は、インフレ時には非常に重要な施策です。

供給が需要に追い着かないので、労働生産性を向上させて供給を増やさないと、モノ不足が深刻化してインフレが加速してしまいます。

しかし、今はコロナショックがなかったとしてもデフレ・・・。

モノが有り余っているのに労働生産性が向上したらデフレに拍車がかかります。企業の売上は増えず、よって社員の給料は増えず、消費は減るの繰り返し・・・。

経済はひたすら縮小均衡路線を突き進むことになります。

原油の値段を見ればわかりやすい。供給が需要を上回ってしまったためにもはや見る影もないほどの値下がり・・・。

(参考)原油価格推移
20200424genyu.jpg

このままでは産油国は干上がってしまうでしょう。

そして、このデフレがもはや日本のみならず世界に広がっています。今、この状態で世界の労働生産性が向上したらどうなるか。考えるまでもなさそうです。

世界恐慌はスペイン風邪流行の10年後


ここからは仮説と推論が入り交じります。

スペイン風邪が流行ったのは1918年から20年あたりです。世界の人口、約20億人のうち、約4分の1の5億人が罹患し死者は数千万人に及びました。

なにしろ、人手不足の中で社会を回していかなくてはならないのですから麻生大臣の言うとおり、労働生産性の向上があったのではないかと推察します。

しかし、流行が収まってしまうと過剰な生産能力を持ってしまったと考えるのが普通ではないでしょうか。

そして、株価の暴落が世界恐慌の引き金となってしまったのではないかと想像するのです。

歴史は繰り返す。

テレワークなど、新しい仕事のやり方で人手も少なくして業務が回ってしまうとわかれば、コロナショック収束後、企業は人手を増やさないでしょう。

そして、労働生産性はますます向上し、供給が需要を大きく上回ってくるはずです。

それが約10年後と仮定すれば、コロナ恐慌のあとに本格的な第二次世界恐慌に突入する可能性があるのではと考えてしまうのです。

【関連記事】
ついにオフィス市況の逆回転が始まった
2020年3月、コロナの影響で自殺者数は増加したのか
緊縮財政の悪弊がJリート保有者にも迫りくる
大規模経済対策を行わなければ起こるであろうこと
新自由主義が国際的なデフレを生んでいると確信
日本が繁栄するためにやってはいけない3つのこと(やれば日本が分断化)
新自由主義(市場原理主義)がもたらす社会は・・・
デフレ継続の後には再起不能のインフレが待っている・・・
なぜ政治家は積極財政、財政拡大を推進しないのか?
MMTの伝道師、ステファニー・ケルトン教授対談の字幕版がわかりやすい


にほんブログ村

世界大恐慌 1929年に何がおこったか (講談社学術文庫) [ 秋元 英一 ]

価格:1,353円
(2020/4/26 11:09時点)
感想(1件)




関連記事

コメント

非公開コメント