疑似バフェット指標(2020年4月末)‐新型コロナの影響

バフェット指標の基準となるのはGDPの規模です。新型コロナ騒動でこの基準が大きく揺らぐことになります。なにしろ影響範囲が大きく、収束の時期もよくわからない。わからないことだらけでいったい2020年のGDPがどの程度の落ち込みとなるか想像もつきません。目次2020年の名目GDPはどの程度か疑似バフェット指標(2020年4月末)新型コロナの致死率から日本を見る 2020年の名目GDPはどの程度か新型コロナウイルス次第ですので、正確...

疑似バフェット指標(2020年3月末)新型コロナと株価

2020年2月末に比べ、3月末の日経平均は2,000円以上安くなりました。この1か月、新型コロナウィルスに世界は大混乱に陥り、わずか2か月少々で世界は恐怖のどん底に突き落とされてしまいました。目次株価が下がっても割安とはいえず日本は感染爆発の岐路に疑似バフェット指標(2020年3月末) 株価が下がっても割安とはいえず株が安くなったからといって割安になったと単純化できないのが、今回の株価下落です。なにしろ、世界経済の...

日経平均オプション取引の動向が人々の恐怖を示している

オプション取引を実際に行っている人は少ないだろうと思います。あまりに危険性が高いし(というか単にレバレッジが効いているだけ)、その仕組みや取引手法が複雑で素人にはなかなか手が出せるものではありません。下手な取引をすれば全財産を失うことにもなりかねない大きなリスクもあります。目次オプション取引とは何か?オプション取引による損益の特殊性最近のオプション市場の動き オプション取引とは何か?オプション取引...

バブル崩壊後、株価のトレンド変化の期間はどの程度か

大規模なコロナショック株安で、安倍政権後の株価上昇トレンドは完全に崩壊したと見ます。そして時代の波による株価のトレンド変化はすぐに方向転換できるものではありません。それは大きなうねりとなってトレンドはしばらく続くものです。目次バブル崩壊後の日経平均トレンドラインコロナウィルスは単なるきっかけだったかも下降トレンドはいつまで続くか勝手に推測日経平均の下値目途は・・・ バブル崩壊後の日経平均トレンドラ...

【号外】NY暴落・・・。そして日経平均も。株価は得てして行き過ぎる

もうわけがわからないジェットコースター相場である。NYは2,700ドル安をつけ、サーキットブレーカー発動の取引急停止。日経平均先物も16,200~300円近辺で、昼間からさらに700~800円安の水準となっている(2020年3月16日23時20分前後)。利下げといっても、すでに金利の下げ余地は少なく、政策発動余地が狭められているのである。コロナショックの影響を測りかね、市場は恐怖におののいている。個人的に17,000円程度で落ち着くの...