65万円を140億円にした男の投資法と相場観

2019年3月14日の日本経済新聞に、カリスマ投資家、ハンドルネーム「五月」さんという方の記事がありました。五月さんはもともとゲームマニア。高校卒業後4年間、1日12時間以上、自宅に引きこもってゲームをしていたそうです。ゲームセンターでバイトして貯めたお金65万円を元手に日本株の投資を開始。2008年には資産が1,000万円に到達。しかし、リーマンショックで痛手を被ったようで、投資手法を変えたとの...

レオスキャピタルの運用銘柄にテンバガー候補はあるか

うろ覚えで恐縮ですが、2012年あたりに、ひふみ投信を運用するレオス・キャピタルの投資している銘柄が新聞記事に2つ紹介されていました。一つはカカクコム(2371)、もう一つはモノタロウ(3064)だったと記憶しています。自分はその記事を参考にカカクコムを仕込んで、いい思いをさせてもらいました。今でも少し保有しています。まだまだ業績は伸びると思えるからです。損切りは早く、利食いは遅く。これが株式投資...

擬似バフェット指標(2019年2月末)

世界的に将来の経済不安が高まってきているものの、株価は不気味なほど堅調な推移を見せています。いったいいつ株価下落のトリガーが引かれるかを待っているかのようですが、投資家はそれほど馬鹿ではありません。織り込み済みの材料は案外株価に影響を与えないものですし。ところで、現在の日本経済あるいは世界経済の懸念材料はいったいどんなものがあるのでしょうか。(1)消費税増税による景気後退(2)中国経済の急激な悪化...

日経平均とTOPIXを見るとき考慮すべき点

過去からの株価推移を比べるときに使われる代表的な指数といえば日経平均株価と東証株価指数(TOPIX)でしょう。ところで、日経平均とTOPIXは対象銘柄や算出方法に大きな違いがあり、その特徴を把握しておくことは投資判断にあたって有用であると思います。日経平均株価日経平均はご存知のとおり、日本を代表するような225の上場会社の株価から算出されます。算出方法は極めて簡単。単純化するために225社ではなく...

相場に変調あり?NM倍率を確認してみる

最近の日経平均の動きはほぼほぼ横ばい。21,000円の壁を破れず、まるで足踏みでもしているかのようです。ところが、我が持ち株の評価益が急激に改善しつつあります。なにか相場に変調が出ているような気もします。自分の持ち株は大型株よりも中小型株、成熟株よりも成長株中心です。ということはNM倍率に変調が見られるはず。(NM倍率についてはこちらをご覧ください。)予想に反して、そんなに目立った変化は見られませ...