MMTの伝道師、ステファニー・ケルトン教授対談の字幕版がわかりやすい

先日、来日されたMMT(現代貨幣理論)の大御所、ニューヨーク州立大学のステファニー・ケルトン教授と三橋貴明さんとの対談の字幕版がアップロードされていました。| 感想字幕版のほうがわかりやすい。同時通訳だとどうしても時間が無いので適切な言葉が出なかったりするからでしょう。また、通訳の人が必ずしも経済に明るいとは限らないので、専門用語などを言われた場合に、日本語ではそれが何に当たるのかわからない場合もある...

日本は財政破綻するはずもない世界一のお金持ち国家

財政破綻が来る来るという狼少年がたくさん存在しています。日本は本当に財政破綻の危機にあるのでしょうか?| 二流エコノミストによる似非情報発信洞察力も分析力もない二流の学者やエコノミストが中心となって、財務省の情報操作に見事にひっかかり、似非情報を発信し、それを大手マスメディアが垂れ流すといった構図で、多くの日本人は日本が今にも財政破綻しそうであるかの如く勘違いをさせられています。二流エコノミストと...

働き方改革で日本経済に変調が現れている

働き方改革が世に浸透してから、日本経済の様相が以前とは大きく変化しつつあります。さて、その変化は吉と出るのか、凶とでるのか?目次2019年4~6月期GDPの動向人手不足が企業に与えている影響仕事はあっても収入が伸びない・・・まとめ | 2019年4~6月期GDPの動向2019年4月~6月期のGDPの結果予想がかなりの弱気となっています。民間各社の予想では前年同期比、年率換算で0.3%の成長見込みです。大型連休で個人消費は好調だっ...

正しいデフレ対策が行われないからデフレ脱却ができないのは当然

インフレとデフレ。その概念はそんなに難しいものではないでしょう。しかし、その対策となるとなぜかまったく逆効果の政策が実行されることは珍しくありません。今、日本はデフレに苦しんでいるので、デフレ対策をしなければならないのに、デフレを加速させるインフレ政策をも行っているため、なかなかデフレから脱却できません。アクセルを吹かしながら、ブレーキも踏んでいるのですから前に進むわけがありません。| 正しいデフ...

AIが進化すれば労働市場はより分断化される

IT革命が庶民に広がる第一歩となったのは今を遡ること約25年前。Windows95の登場でしょう。マウスでアイコンをクリックするというわかりやすい操作でPCを身近な機器に変貌させました。以降、インターネットの普及が進み、職場にもPCが一人一台が当たり前の時代となりました。| 労働市場の二極化ところで1995年以降の20年間における労働市場の変化を示したのが下記のグラフです。(出所:社会実情データ図録)上に伸びているのが、...