GAFA依存度が過度に高まると言論の自由まで脅かされる

グーグルアドセンスの再審査を受けたもののあっさり不承認となってしまいました。複数の問題点があるとかで、はっきりした理由はわかりません。まあ、広告ペタペタ貼っているのが理由だったと思います。審査の前に減らしたのですが、記事の数が増えて、全部取り除くのは手間がかかりすぎますので中途半端でした。でも全部取り除いたところで審査に通るかもわかりませんし・・・。複数の理由ってことはそれだけじゃないんでしょうか...

長短金利差逆転。アメリカ景気は1年以内に悪化の予兆

いささか油断をしていたようです。このところアメリカの金利動向をチェックしていませんでした。ここ最近、10年もの国債の金利が急低下し、なんと3か月ものの金利をも下回ってしまいました。これは異様な様相です。通常、期間が長ければ長いほど金利は高くなるのが普通。常識的に考えてもわかります。銀行に預金を預けるのに、10年預けた方が、3か月預けるより金利が安い(もちろん10年のほうが利息のトータル金額は多くな...

グーグルアドセンス、EUの独占禁止法で制裁される

GAFAに対する国際的な風当たりが強まっています。圧倒的な資金力とシェアによって他者を締め出し、個人データを集めまくって独り占めにして利用しているという見方です。アメリカの下院議員の中にはGAFA解体論まで主張する人がいるというから驚きです。自国の会社を解体したほうが良いというですから過激発言です。グーグルはEU域内でも検索市場で9割と圧倒的なシェアを握っており、ほぼ寡占状態にあります。ところで、...

ドイツ銀行経営危機?いったい何が起こっているのか

経営危機説が絶えなかったドイツ銀行がついにコメルツ銀行と合併協議を開始しました。ドイツ銀行は2017年まで3期連続の最終赤字に陥っていました。両行の合併はドイツ政府が強く後押しした結果であると見られています。ドイツ銀行は10万人もの従業員を抱え、総資産は約170兆円。コメルツ銀行の総資産は約70兆円でドイツ銀行の規模が大きいのですが、事実上、コメルツ銀行による救済合併協議ということになります。ちな...

そして株価下落の原因は人手不足にすりかえられる(消費税増税)

10月に予定されている消費税率アップ。税率が上がらないものもあります。「飲食料品(外食などは除く)」と「定期購読契約が締結された週2回以上発行される新聞」です。本は駄目でなぜ新聞はOK?情報を得るということならパソコンやスマホだって軽減税率の対象になっていいはず。合理的な理由は見当たりません。ところで、新聞やテレビでは、消費税に関する報道がほとんどされないといいます。反安倍、反自民に熱心なマスコミ...