【朗報】防衛予算増加へ、しかし下手すると他の予算削られるだけ【悲報】

自民党が2022年6月16日に参議院選挙の公約を発表しました。ウクライナ戦争の影響が色濃く反映されており、国防安全保障を重視する内容となっています。昨今のロシア、中国、北朝鮮(韓国までも)の挑発はすさまじい。ウクライナの次は台湾、日本であることを疑う人はいないでしょう。そして、ウクライナ戦争で明らかになったことは、核保有国の暴挙に他国は直接的に介入することはできず、せいぜい援助程度しかできないという現実...

リスク資産全滅。分散投資の壁を突破し投資家壊滅状態・・・

相関関係が少ない多様な資産クラスに投資していれば、相場の変動に対して耐性が増すというのが一般的な投資理論の考え方です。しかしながら、最近の金融市場はそんな一般論は通用しません。あれもダメ、これもダメのダメダメ状態・・・。そこには程度の差しかありません。いったい何がどうなっているのでしょうか。目次底なし沼の底はどこに?360度ダメダメ相場ゴールドよ、おまえもか!暗号資産よ、さようなら休むも相場か・・・ ...

ツイッター民は要注意。安易な侮辱で刑務所送りの可能性

人気女子プロレスラーがネットの誹謗中傷に耐えかねて若い命を自ら絶ったことのは2年前。刑法の改正論議に発展するまでの社会問題に発展したのでした。そしてついに2022年6月13日、刑法の改正が参議院でも賛成多数で可決したのです。改正刑法が施行されれば、同様の誹謗中傷があれば最悪、懲役刑となり刑務所に入る可能性があります。ネットのごみ箱ともいえるツイッター、5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)などで人をねちっこく誹謗中...

IE、セキュリティリスクとともに去る。日本企業の対応遅れがひどい

一昔前、ブラウザといえばインターネット・エクスプローラー(IE)が当たり前でした。1995年にWindows95とともに登場。Windowsの隆盛とともにシェアを拡大し、1990年代には圧倒的地位を築いたのですが・・・。今やその陰は薄くなり・・・、いよいよ消滅へのカウントダウンが始まったのです。そして残されたのはセキュリティリスクのみというのですから、マイクロソフトのやり口はいささか無責任といわざるを得ません。目次ブラウザ...

EVになれば自動車の価格は1/5になるという永守発言は嘘だったのか!?

日本電産の永守会長をご存じのかたは多かろうと思います。28歳で日本電産を立ち上げて、一代で売上高1兆数千億円の巨大企業に育て上げました。日本電産はモーターが主力部品であり、今後、自動車のEV化が進めばその恩恵にあずかることは間違いありません。ところでカリスマ永守会長は2年前の2020年、電気自動車が普及すればその価格は現在の自動車の1/5になるといった発言をいたしました。カリスマの発言だけに説得力があり、信じ...

IPO時の値付けがより柔軟に。IPO企業は歓迎、果たして投資家は?

株式新規公開(IPO)時の公募価格の値決めについて、公正取引委員会が問題視していることは既報のとおりです。(関連記事:IPOで大儲けはもう無理。IPO宝くじ抽選会の終焉)そして、その改善策がいよいよ具体化してきました。なるべく多く資金調達するために、公募価格はできるだけ高い方がいいという会社側と、なるべく安い株価で手に入れて上場後のキャピタルゲインを得ようとする投資家は利益相反の関係にあるといえます。さて...

日本の投資信託に見られる特有の問題点は何か

世界的な投資信託の買付コストと保有コストの低下傾向、そしてつみたてNISAに見られるような若年層投資家の拡大などにより日本の投資信託市場も一筋の光明がさしてまいりました。しかしながら、まだまだ道半ばといったところです。日本の投資信託市場には特有の課題や問題点がいまだ残されており、それらを解決していくことで、ますます投資家にとって魅力的な市場となることは間違いございません。目次日本の投資信託市場日本市場...

個人マネーまでキャピタルフライト。グローバル投資加速中

ここ数年、日本でも貯蓄から投資の波は確実に起きています。しかし、その投資先は日本ではなく海外なのですから、なんとも複雑な心境になります。機関投資家のみならず、もはや個人投資家の資金までもが日本株パッシング・・・。個人投資家の日本株離れが止まりません。日本人が日本を見離ししているのですから悲しくもなるというものでしょう。目次ジャパンマネーが海外へ逃避日本株投信は見向きもされず日本の投資家がアメリカ株...

サラリーマンは4つの階層に分けられる。果たしてあなたは必要な人それとも・・・?

早く行きたいなら一人で行け、遠くへ行きたいなら皆で行け、などとどっかの国の首相が言っておりました。会社でいえば、後者の「皆」に含まれるのが、従業員いわゆるサラリーマンだといえます。しかし、サラリーマンにもいろんな人がいます。今回は仕事に対する態度で4つの階層に分けてみました。会社にとって必要な人なのか不要な人なのかを測る尺度といってよいものです。目次サラリーマンの掟不平不満はつきものだが・・・仕事...

生保レディ、離職率低下で採用抑制。とはいうものの・・・

生命保険会社の営業職の採用が減少しています。今までは、とにかく採用して鍛え上げ、脱落者が出るのは仕方が無いというスタイルでした。それはいささか古臭く、時代にそぐわなくなってきたというわけで、採用時に慎重に吟味して研修で大事に育てていこうというのですが・・・。目次厳しいサバイバルゲーム依然として実態は変わらず大手生保の新たな取り組み最後に 厳しいサバイバルゲーム今から20年ほど前、日本生命では営業職と...